読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて19年。2015-16シーズンもアーセナル視点で綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて21年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16シーズンに続き、2016-17シーズンもアーセナル視点で綴ります。


プレミアリーグを中心に戦評します。 チャンピオンリーグ・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【プレミアリーグ第11節 アーセナル VS トテナム・ホットスパー】 因縁のノースロンドンダービーは痛み分けドローで首位逃す

 ■結果・スタッツ アーセナル(H) 1-1 トテナム・ホットスパー

 

プレミアリーグ】2016/11/6(日) 

アーセナル(H) 1-1 トテナム・ホットスパー


【得点】
42’ 1 - 0 ウィマー(O.G.)
51’ 1 - 1 ケイン(P.K.)

【スタッツ】

f:id:tsuda929:20161107125028p:plain

 

カソルラ間に合わずも、ベストな布陣でノースロンドンダービー

f:id:tsuda929:20161107125056p:plain

ノースロンドンダービーは、11.1のCLから5枚交代。
ジルー、ラムジー、ジェンキンソン、ギブス、オスピナに替わって
ウォルコット、イウォビ、ベジェリン、モンレアル、チェフが入った。



(交替)
・ コクラン → ラムジー(65分)
・ イウォビ → ジルー(70分)
ウォルコットチェンバレン(71分)

■戦評:因縁のノースロンドンダービーはお互いフィニッシュしきれずドロー


未だ無敗の宿敵トッテナムとのノースロンドンダービーは、痛み分けドロー。
お互いチャンスを作りながら最後のフィニッシュが決めきれない展開。
結果的には、O.G.とPKによる1-1。



トッテナムは3バックだか5バックだかでスペースを埋めてきた。
それに対して、アーセナルはポゼッションを捨て、ボール奪取からの
縦に早い攻めで対抗

完全に崩したイウォビのシュートがGK正面だったのは悔やまれる。
そして、ウォルコットのポストを叩いたシュートは実に惜しかった。



終盤、ラムジー、ジルー、チェンバレン投入で勝ちに行ったが、
チェンバレンの細かなミスもあってチャンス活かせずドロー。
シュート15本打っても、枠内2本(ウォルコット入れれば3本)だと
勝ち切るのは厳しいな。

正直勝てたと思うし、せっかく首位になれるチャンスだったのに無念。

 

 

 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ 

 

広告を非表示にする