読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて19年。2015-16シーズンもアーセナル視点で綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて21年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16シーズンに続き、2016-17シーズンもアーセナル視点で綴ります。


プレミアリーグを中心に戦評します。 チャンピオンリーグ・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【CLGroup第5節 アーセナル VS パリサンジェルマン】 枠内シュート1本で2得点も1位通過が遠のく2-2のドロー

チャンピオンズリーグ

 

■結果・スタッツ :2-2

【CL】2016/11/23
アーセナル(H) 2-2 パリサンジェルマン

【得点】
18’ 0 - 1 カバーニ
45’ 1 - 1 ジルー(PK)
60’ 2 - 1 O.G.(ベラッティ)
77’ 2 - 2 O.G.(イウォビ)

【スタッツ】

f:id:tsuda929:20161124184431p:plain

■ジルー1TOPで首位通過を狙う

 

f:id:tsuda929:20161124184441p:plain


11.19のマンU戦から4枚交代。
1TOPにジルーが入って、サンチェスが右サイドへ
イウォビ、ギブスが入って、GKは今日もオスピナ


(交替)
・ イウォビ → ジャカ(78分)
ウォルコット → コクラン(80分)
・ ジェンキンソン → チェンバレン(81分)

■戦評:好機作れずもPK、オウンゴールで2-2ドロー。

首位勝ち抜けのためにどうしても勝ちたい一戦。
しかし結果としては2-2ドロー。
アウェイゴールの差でPSGに1位を奪われた。
最終戦が有るとは言え、PSGの取りこぼしに期待するしかない
厳しい状況。これでまた決勝Tの対戦相手が厳しくなってしまう。

イウォビがちゃんとクリアーしていれば・・・。無念。

ただ試合の方は、結果的には2-2のドローだったものの
よく2点も入ったなあ~という感じ。
スタッツ見たら、2点取ってるのに枠内シュート1本(しかもPKの)という惨事。
ほぼジルーにはボールが収まらず、ラムジー空回りで、
決定機らしい決定機はほぼなし。
PKとO.G.の場面が完全に崩したてたけど、それ以外はなし。


カバーに劇場のお陰で負けずにすんだけど、


内容的には完全に負け試合だった。

やっぱりサンティ・カソルラ不在が響いている。
今はエジル・サンチェス2人でボール動かして、好機を探しているけど、
そこにあと一人絡まないと、このレベルではスキは生まれない。
それが今までカソルラだったのだが、そこの動きが足りていない。
その足りない動き不足で、2列目の飛び出しも活きてないから悪循環。

そして選手交代も、謎の4分で3人交代とか意味不明。
ジャカ入って、ラムジーが左MFに変わった2分後に、
ウォルコット入って、ラムジーボランチに戻るとかバタバタしすぎ。

これで2位通過でバルサバイエルンに当たる可能性が。。。

 CLもプレミアも今がチームの調子の下降部分なので、ここをどう乗り切るかで
今シーズンが決まる気がする。うまい選手起用で乗り切ってほしい。

 

 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ