読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて19年。2015-16シーズンもアーセナル視点で綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて21年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16シーズンに続き、2016-17シーズンもアーセナル視点で綴ります。


プレミアリーグを中心に戦評します。 チャンピオンリーグ・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【プレミアリーグ第14節 アーセナル VS ウェストハム・ユナイテッド】 サンチェス劇場。ハットトリックでウェストハム退治成功

 ■結果・スタッツ 5-1


プレミアリーグ】2016/12/3(土)
アーセナル(A) 5-1 ウェストハム・ユナイテッド


【得点】
24’ 1 - 0 エジル
72’ 2 - 0 サンチェス
80’ 3 - 0 サンチェス  
83’ 3 - 1 キャロル
84’ 4 - 1 チェンバレン
86’ 5 - 1 サンチェス
’ -

【スタッツ】

f:id:tsuda929:20161205125908p:plain

 

■ベジェリン、ドゥビッシーがいない右SBにガブリエルが入る

f:id:tsuda929:20161205130132p:plain

11.27ボーンマス戦から2枚交代。
カップ戦で体調不良だったエルネニーに替わってコクラン、
怪我のドゥビッシーに替わってガブリエルが右SBに入った。


(交替)
ウォルコットラムジー(66分)
・ コクラン → エルネニー(87分)
エジル → イウォビ(87分)

■戦評:終わってみればサンチェスハットトリックで快勝。

結果だけ見れば圧勝だが、2点目が遠くて
80分のサンチェスのゴールまでは安心できない展開だった。
完全にゲームは支配していたが、
なんどかCKやFKを与えていたのでパイエのキックが怖かった。

それでも終わってみればやっぱりサンチェス。


1点目も素早いチェイスエジルのゴールをプレゼントして、


2点目は、トラップで前向いて縦に引き裂いて、角度のないとこからズドン。
3点目は、PA外からのコースを突いたシュート。


ハットトリックとなった5点目は、抜け出した後にキックフェイント入れて
GKの体制を完全に崩してのゴール。
このゴールはおしゃれすぎるぞ!



右SBに入ったガブリエルも無難にこなしているし、
ジャカも試合をこなす毎にフィットしてきている。
心配なのは最近精細を欠いているモンレアルだったのだが、
この日のオーバーラップはタイミングもバッチリ!
ただエリア内でのハンド疑惑1回。怪しかったね。

この勝利で、負けたリバプール、マンCを抜いて2位浮上。
首位チェルシーとの差も3のまま。

 

 

 

 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ 

 

広告を非表示にする