読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて19年。2015-16シーズンもアーセナル視点で綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて21年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16シーズンに続き、2016-17シーズンもアーセナル視点で綴ります。


プレミアリーグを中心に戦評します。 チャンピオンリーグ・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

アーセナルフォーメーション 2016-17シーズン(2016/12時点)

チームニュース

開幕前に立てた予想フォーメーション

ムスタフィ・ペレスが加入する前だったり、

サンチェスのワントップを想定してなかったりと、

16-17シーズンは予想からはだいぶ変わってきている。

 

↓開幕前予想はこちら

arsenal2014.hatenablog.com

 

ここまでプレミアリーグ14節まで終わり、

カップ戦、CL含めて、22試合を終えて実際に起用された

フォーメーションを整理して置こうと思う。

 

まずはこちら↓

f:id:tsuda929:20161206210315p:plain

これは、実際に22試合戦って最もスタメンをはったメンバーである。

まさに納得のベストメンバーである。

ボランチはコクランは当確だったが、

相棒は、僅かな差で、ジャカとなった。(カソルラを1試合上回った)

 

次にこちら↓

f:id:tsuda929:20161206210409p:plain

ベストメンバーには劣るがそこそこスタメンをはったメンバー。

ラムジーは、右MFだったり左MFだったり、

トップ下だったり、ボランチだったりと4ポジションで5回のスタメンのため

メンバーに入れなかった。

また最近では左MFはイウォビではなく、

チェンバレンが入ることが多くなってる。

 

こうしてみると、開幕前に比べると

・ムスタフィの加入

ウィルシャーのレンタル移籍

ウォルコットのレギュラー奪取

・ジルーで遅れによるサンチェスのワントップ

などによりだいぶ変わったようだ。

 

 

 

 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ