アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて19年。2015-16シーズンもアーセナル視点で綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて21年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16シーズンに続き、2016-17シーズンもアーセナル視点で綴ります。


プレミアリーグを中心に戦評します。 チャンピオンリーグ・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【プレミアリーグ第20節 アーセナル VS AFCボーンマウス】 3-0からの3得点で同点に追いつくも勝ち点2落とす

■結果・スタッツ 3-3


プレミアリーグ】2016/1/3(火)
アーセナル(A) 3-3 AFCボーンマウス


【得点】
16’ 0 - 1 ダニエレズ
21’ 0 - 2 ウィルソン(PK)
58’ 0 - 3 フレイザー
70’ 1 - 3 サンチェス
75’ 2 - 3 ペレス
92’ 3 - 3 ジルー

【スタッツ】

f:id:tsuda929:20170105101525p:plain

 

 

■中1日のタイトスケジュールも3枚交代のみ

f:id:tsuda929:20170105101614p:plain


中1日という信じがたいスケジュールで迎えるボーンマス
エルネニー→コクラン
ガブリエル→ムスタフィ
ペレス→ラムジー
トップ下にはラムジーが入り、イウォビは右MFへ
もう少し入れ替えるかと思いきや3枚交代のみ
モンレアル、イウォビあたりは、ギブス、チェンバレンでも良かったのでは…



(交替)
・ コクラン → チェンバレン(28分)
・ イウォビ → ペレス(63分)
・ コシェルニー → ガブリエル(64分)

■戦評:3失点からの3得点でドローに持ち込む


3失点からの3得点で同点も、
勝ち点2を落としたと言わざるをえないだろう。
とにかく試合の入りが悪すぎた。
前線からのプレスがなく簡単に持ち運ばれ、あっさり逆サイドに展開される。
やはりジルー、イウォビ、サンチェスが疲れていたのだろう。

それも、70分から20分間でサンチェス、ペレス、ジルーが決めて
同点にまで持ち込んだことは凄いのだが、、、
とくにペレスの2点目のボレーは鮮やかだった。


それでもまだまだペレスは合ってない場面が何度か有り、
チェンスをまだまだ活かせていない。

ヴェンゲルは日程のことを言っているが、
それは最初から分かっていたことで、それをどう乗り切りながら
勝ち点を積み重ねるかなのだ。

コクランの怪我(ハムストリング)は誤算だったとしても、

やはり、もう少しローテーションをしても良かったのではないだろうか。
1/1の試合と2試合で180分でどう回すか、
サンチェスには代わりはいないが、フレッシュなギブス、チェンバレンなら
そうそう戦力があ落ちるものではない。

翌日の試合でチェルシーが落としただけにイタイ引き分け。
これで、マンC、トッテナムにも抜かれ5位に後退。
これは厳しい。

 

 

 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ 

 

広告を非表示にする