読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて19年。2015-16シーズンもアーセナル視点で綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて21年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16シーズンに続き、2016-17シーズンもアーセナル視点で綴ります。


プレミアリーグを中心に戦評します。 チャンピオンリーグ・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【プレミアリーグ第21節 アーセナル VS スウォンジー・シティ】 ジルー5試合連続ゴール、サンチェス14得点目で快勝

 ■結果・スタッツ 4-0

プレミアリーグ】2016/1/14(土)
アーセナル(A) 4-0 スウォンジー・シティ


【得点】
37’ 1 - 0 ジルー
54’ 2 - 0 O.G.
67’ 3 - 0 O.G.
73’ 4 - 0 サンチェス


【スタッツ】

f:id:tsuda929:20170116202542p:plain

 

 

■インフルからエジル復帰。

f:id:tsuda929:20170116202044p:plain


1.3のボーンマス戦から2枚交代
インフルから復帰のエジルが入りトップ下。
怪我のコクランに変わり、ラムジーボランチに降りて
右SBベジェリンに変わりガブリエルが入った。

(交替)
・ ジルー → チェンバレン(60分)
エジル → ペレス(79分)
・ サンチェス → ウェルベック(79分)

■戦評:スロースタートもジルーの連続ゴールで快勝

結果としては4発快勝。 苦手スウォンジーを撃破。

しかし前半はスウォンジーの早いプレスに苦しめられて、
なかなか決定機を作れない展開。

それでもほぼ最初のチャンスでジルーが決めきって先制。
右サイドを抜け出したラムジーからのクロスにはわずかに合わなかったが、
逆サイドでサンチェスが拾って、エジルの頭に合わせ、
ディフェンスに阻まれるもこぼれ球をジルーが押し込んだ!

ジルー公式戦5試合連続ゴール!

その後はイウォビが、O.G.誘発して追加点を上げると、
もうひとつイウォビがO.Gをもらって、
スウォンジーの運動量も減って、安心な展開に。
そして仕上げはサンチェスのボレー!



安心の展開で、勝ち点3を確保。
心配なのは相変わらずの被シュート数。
やっぱり打たせすぎ。

そして、チェルシーも取りこぼさないので落とすわけにはいかず、
2.4の直接対決までに差を広げられれば終わってしまうので、
バーンリー、ワトフォード相手には勝ち点3は必須で
意地でも食らいついて、直接対決を制して、混戦に持ち込む。これしかない。 

 

 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ 

 

広告を非表示にする