アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて19年。2015-16シーズンもアーセナル視点で綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて21年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16シーズンに続き、2016-17シーズンもアーセナル視点で綴ります。


プレミアリーグを中心に戦評します。 チャンピオンリーグ・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【プレミアリーグ第23節 アーセナル VS ワトフォード】 優勝遠のく、まさかの敗戦。シューと19発も1点のみ


■結果・スタッツ 1-2

プレミアリーグ】2016/1/31(火)
アーセナル(H) 1-2 ワトフォード


【得点】
10’ 0 - 1 カブール
13’ 0 - 2 ディーニー
58’ 1 - 2 イウォビ

【スタッツ】

f:id:tsuda929:20170205005009p:plain

 

■バーンリー戦からは1枚交代のみ

f:id:tsuda929:20170205005146j:plain

1.22のバーンリー戦から出場停止のジャカ1枚交代
1.28のFAカップのスタメンでは唯一ムスタフィだけが連続起用された


(交替)
ラムジーチェンバレン(20分)
・ ジルー → ウォルコット(45分)
・ コクラン → ペレス(67分)

■戦評:不運な2失点、後半怒涛の攻撃も実らず

チェルシーとの決戦を前に、落とせない戦いだったが、
前半と後半で別のチームかと思うような展開。
とにかく入り方が悪くて、相手のプレスにボールを下げることが多く、
リズムを掴めない。そんな嫌な流れの中、
10分にFKがディフレスクとしてそのままゴールに・・・
さらにカウンターからはじいたボールが相手の前にこぼれて失点・・・
リズムが全くつかめないまま、あっというまの2失点。

さらにはラムジーが足痛めて早々に交代。
エルネニーがアフリカネーションズカップで不在の中、
またもやボランチが離脱。途中からはチェンバレンが入ることに。

後半からウォルコットを入れて一気に攻撃に転じて、
得点の匂いがし始め、
58分にイウォビがボレーで決めて1点返す
ここから終始攻撃し続けるもゴールが遠く、
そのまま試合終了。

ツキがないといえばそうなのだが、
ガブリエルのスローインの精度が悪いのは何とかして欲しい。
そして、後半に入って左サイドでリズムが掴めていたのに
ペレスを入れて、イウォビをボランチに下げた采配は?だった。
ペレスもいいし、悪くはなかったが、
交代がいいリズムを離したきっかけになった気がしてしょうがない。

ともかく、首位攻防前の大事な大事な勝ち点3を落とした。

 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ 

 

広告を非表示にする