アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて19年。2015-16シーズンもアーセナル視点で綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて21年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16シーズンに続き、2016-17シーズンもアーセナル視点で綴ります。


プレミアリーグを中心に戦評します。 チャンピオンリーグ・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【プレミアリーグ第24節 アーセナル VS チェルシー】 絶対に負けられない首位決戦で、サンチェス絶不調で完敗

 ■結果・スタッツ 1-3


プレミアリーグ】2016/2/4(土)
アーセナル(A) 1-3 チェルシー

【得点】
13’ 0 - 1 マルコス・アロンソ
53’ 0 - 2 アザール
85’ 0 - 3 セスク
90’ 1 - 3 ジルー

【スタッツ】

f:id:tsuda929:20170206204756p:plain

 

 

■1ヶ月半ぶりのサンチェスの1TOPで挑む首位決戦

f:id:tsuda929:20170206204816p:plain



ワトフォート戦で負傷した、ジルー、ラムジーに替わって、
チェンバレンウォルコットが入り、久々に1TOPサンチェスで挑む。
サンチェスの1TOPは、12.18のマンC戦以来。

そしてヴェンゲルはこの日もベンチ外、スタンドから無線で指示出す。


(交替)
・ ベジェリン → ガブリエル(17分)
・ コクラン → ジルー(65分)
ウォルコットウェルベック(69分)

■戦評:早々にベジェリン欠いて、アザールにゴラッソ決められ勝負有り

残念。完敗。
13分の先制&ベジェリン離脱のダブルパンチで一気に劣勢に。


両サイドを以下に崩すかがポイントだったのに、右サイドのスピードを
早々に失ってしまった。

前半の終盤のガブリエルのドフリーヘッドや、
終盤のウェルベックやムスタフィのヘッドなど惜しいシュートが多かっただけに
悔しい敗戦となった。

あとはどうしてもボランチがコクラン・チェンバレンのコンビで、
創造性には欠けるため、なかなか入り込むことができなかった。
コクランのミドルとか、可能性を感じられない…。

そして、サンチェス。
この日のサンチェスはどうしちゃったんだろう?!
とにかく切れがない、覇気がない。
パスはミスするし、フェイントは読まれてボールロスト。。。
移籍以来こんなサンチェスは見たことがなかった。



1TOPのサンチェスは、TOPに固執することなく、あらゆる場所に動いて
ボールを引き出して、攻撃の幅を広げる。
そんな動きが上手く行っていた前半戦だったが、この日は動きが少なく
パスはたったの23本。この数字も見たことない・・・。

最後にはまさかのチェフのキックミスで、セスクにゴールをプレゼント


あぁ、チェフからセスクとか、なんとも言えぬ喪失感。

90分にモンレアル→ジルーのドンピシャクロスで1点返す


焼け石に水。そのまま1-3で試合終了。

試合としてはお互い責め合い見ごたえのある試合だったが、
エースの差がそのまま試合結果に響いた形か。

首位争ういをするためには勝つことが必須だった首位攻防戦で敗戦。
勝ち点差12。。。
どう見ても厳しく、目標を2位狙いに切り替えるべき勝ち点差。

あぁー、優勝が狙えると思った今シーズン。終焉か…。

 

 

 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ 

 

広告を非表示にする