アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて19年。2015-16シーズンもアーセナル視点で綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて21年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16シーズンに続き、2016-17シーズンもアーセナル視点で綴ります。


プレミアリーグを中心に戦評します。 チャンピオンリーグ・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【プレミアリーグ第25節 アーセナル VS ハル・シティ】 サンチェスの神の手ゴール含む2得点で連敗脱出

■結果・スタッツ 2-0

プレミアリーグ】2016/2/11(土)
アーセナル(H) 2-0 ハル・シティ


【得点】
34’ 1 - 0 サンチェス
93’ 2 - 0 サンチェス

【スタッツ】

f:id:tsuda929:20170213130004p:plain

 

 

モンレアル→ギブス 1枚交代

 

f:id:tsuda929:20170213130032p:plain


2.4のチェルシー戦から1枚交代。
モンレアル→ギブス
脳震盪のベジェリンも無事復帰。
15日のCLバイエルン・ミュンヘン戦に向けて
もう少し変えてくるかと思ったけど、ほとんど変更なし。


(交替)
ウォルコット → エルネニー(69分)
・ イウォビ → ウェルベック(82分)
チェンバレン → ペレス(82分)

■戦評:神の手ゴールで先制し、ゲームをコントロール

ヴェンゲル監督ベンチ入り禁止の4試合目は
攻めて攻めて決定機があるけど点が取れない嫌な展開。 

そんな嫌な空気が漂い始めた34分に飛び出したのが、
神の子サンチェスの神の手ゴール!


ギブスのシュートのこぼれ球を拾ってシュートして、
弾いたボールがサンチェスの右手に当ってゴール…。
たまにはこういうのもいいよね。

後半に入るとやや責より守備を重視していたが、
その後もゲームを支配して
終了間際にペレスのシュートがハンドを誘ってPK獲得。

それをサンチェスが決めて2点目。



2連敗中でどうしても勝ちが欲しかったので、
この結果には満足。

内容的にも前半の入りや攻撃の創造性は
この2試合に比べても申し分なく
エジルウォルコット、ベジェリンが決めきれてないのが
気になるところ。特にウォルコットがフィットしてないのは気になるが、
バイエルン戦に向けて、まずはチェルシー戦の
ショックの払拭に成功といったところか。

 

 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ 

 

広告を非表示にする