読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて19年。2015-16シーズンもアーセナル視点で綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて21年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16シーズンに続き、2016-17シーズンもアーセナル視点で綴ります。


プレミアリーグを中心に戦評します。 チャンピオンリーグ・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【CL決勝T1回戦1st節 アーセナル VS バイエルン・ミュンヘン】 またやってもうた。完膚なきまでに叩きのめされ5失点崩壊した悪夢の決勝T

チャンピオンズリーグ

 ■結果・スタッツ :1-5


【CL】2017/2/15
アーセナル(A) 1-5 バイエルン・ミュンヘン

【得点】
11’ 0 - 1 ロッベン
30’ 1 - 1 サンチェス
53’ 1 - 2 レドバンドフスキ―
56’ 1 - 3 ティアゴ
63’ 1 - 4 ティアゴ
88’ 1 - 5 ミュラー

【スタッツ】

f:id:tsuda929:20170216215009p:plain

 

 

■決勝Tもオスピナで挑む

f:id:tsuda929:20170216215034p:plain



GKは宣言通り決勝Tもオスピナ
ボランチにはジャカが復帰し、右MFはチェンバレン


(交替)
・ コシェルニー → ガブリエル(49分)
・ イウォビ → ウォルコット(66分)
・ コクラン → ジルー(77分)

■戦評:完敗。完膚なきまでに叩きのめされる。

まさに悪夢。
49分に負傷したコシェルニーが交代した途端に崩壊した守備


2失点目から立て続けに失点し、完全に心が折れて、
持ち直せないまま気がつけば5失点。
どこから見ても2ndレグで逆転は厳しい状態となった。

完全にボールを支配される展開も
前半はボール奪取から縦に早く攻めシュートまで持ち込むこともあり
運良くPKから1点取り返して、前半を1-1で折り返した。
ここまでは良かったのだが・・・

にしてもこんなスタッツ見たことない。
ボール支配率26%
パス成功185本
流石にこれでは・・・

個別に見るともっとひどく個人別パス本数は以下の通り

ジャカ 25/30
ギブス 20/26
サンチェス 20/26
ムスタフィ 19/33
エジル 18/24
ベジェリン 17/23
オスピナ 13/30
ガブリエル 13/17
イウォビ 12/16
チェンバレン 11/18
コクラン 6/9
コシェルニー 5/10
ウォルコット 3/5
ジルー 3/3

最もパスを繋いだのがジャカの25本
どれだけつながってないのかがよく分かる。
両サイドのイウォビ12本、チェンバレン11本
中盤コクランに至っては6本って・・・ 


この試合おそらく守備的に入ったのだろうが、
やはり守備的に慣れてないからか意思が統一されてないからか
中途半端で、結局ラストパス出す選手に寄せきれてない。

内容も結果もすべてに負けた。
あぁ、悪夢だ。

 

 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ