読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて19年。2015-16シーズンもアーセナル視点で綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて21年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16シーズンに続き、2016-17シーズンもアーセナル視点で綴ります。


プレミアリーグを中心に戦評します。 チャンピオンリーグ・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【プレミアリーグ第31節 アーセナル VS ウェストハム・ユナイテッド】 エジル復活弾+多彩な攻撃で快勝

 ■結果・スタッツ 3-0

プレミアリーグ】2016/4/5(水)
アーセナル(H) 3-0 ウェストハム・ユナイテッド

【得点】
58’ 1 - 0 エジル
68’ 2 - 0 ウォルコット
83’ 3 - 0 ジルー

【スタッツ】

f:id:tsuda929:20170407222558p:plain

 

■チェフ、オスピナ離脱で第3のGKマルチネス登場

f:id:tsuda929:20170407222615j:plain



4.2のマンC戦から3枚交代
OUT:コクラン、コシェルニー、オスピナ
IN:エルネニー、ガブリエル、マルチネス


(交替)
ウェルベック → ジルー(74分)
ウォルコットチェンバレン(81分)
・ エルネニー → ラムジー(81分)


■戦評:エジル復活ゴール含む3発快勝


得点差よりは簡単な試合ではなかったが、
終わってみれば3発快勝!

何よりエジル1ゴール1アシスト
復活を予感させるゴールと、サンチェスとのコンビプレーからのアシスト。

ほんとに久々の快勝。
というよりも先制されなかったことがもう久しぶりという・・・
 
マルチネスもなかなか落ち着いていてよかった。

その効果を生んだのがエルネニー。
いつもの用に精力的に動き回って、前線までアプローチに行くから
前線が活性化してボール奪取に結びつく。
攻撃でもサンチェス、エジルのボール回しで、
そこにジャカが加わっていい流れを生んでいた。

これで勝ち点54
4位のマンCと勝ち点差4
3位のリバプールとの勝ち点差6
マンCとは1試合、リバプールとは2試合ゲームが少ないので、
充分3位が狙える位置である。
(ホントはトッテナムには絶対勝ちたいけど、まだ言えない。。。)
 
 
 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ 

 

 

広告を非表示にする