読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて19年。2015-16シーズンもアーセナル視点で綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて21年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16シーズンに続き、2016-17シーズンもアーセナル視点で綴ります。


プレミアリーグを中心に戦評します。 チャンピオンリーグ・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【プレミアリーグ第32節 アーセナル VS クリスタル・パレス】 パレス相手に完敗。ボール保持率72%で被シュート17本

 

■結果・スタッツ 0-3

プレミアリーグ】2016/4/10(月)
アーセナル(A) 0-3 クリスタル・パレス


【得点】
17’ 0 - 1 タウンゼンド
63’ 0 - 2 カバイエ
68’ 0 - 3 ミリヴォイエヴィッチ

【スタッツ】

f:id:tsuda929:20170413213244p:plain


 

■メンバー変更なし

f:id:tsuda929:20170413213302j:plain



久々に快勝した4.5ウェストハム戦と同じメンバー
この日もGKはマルティネス


(交替)
・ エルネニー → ラムジー(59分)
ウェルベック → ジルー(60分)
ウォルコットチェンバレン(69分)

■戦評:攻撃陣はアイデアを欠き、守備はざる

完敗。
またもやアウェイで敗戦。

攻撃陣というより守備が問題。
こんなスタッツ始めてみた。

ボール保持率72%ありつつ、被シュート17本
如何に攻撃時の守備がざるかということ。

ボール保持して、攻めきれずにボールロストして、
両サイドのスペース使われてカウンター食らって、
戻りきれずにシュート打たれる・・・・
この繰り返し。

エルネニーに変えて、ラムジーにしてからはさらに加速。
まぁ、でもそこはリスクを背負ったのだからしょうがない。

そして、全く機能しない、ウォルコットウェルベック
完全に引いてカウンター狙いの相手にウォルコットは通用しない
飛び出しがすべてのウォルコット
そこにスペースが無ければ活きない。
引いてボール受けて保持できないのでボールも出ない。
1対1でも勝負しない。抜き入れない?!
貯めれないからベジェリンのスピードを活かすことができない。

結局攻撃は、エジルが左に流れたときだけ。
エジル、サンチェス、モンレアルの3人のコンビ。
これでは予測しやすく守りやすかったことだろう。

完全に引く相手には、ウォルコットではなくチェンバレンを使って欲しい。
同じくウェルベックは、TOPではなく、左サイドで使って、
サンチェスを1TOPで起用した方がいいだろう。
もしくはジルーを最初から使うか。

とはいえ、大きな問題は守備。
これでけざるだと厳しい。
パレスの攻撃陣はいいけど、ここまでシュートを打たせては。。。
 
 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ 

 

 

広告を非表示にする