読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて19年。2015-16シーズンもアーセナル視点で綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて21年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16シーズンに続き、2016-17シーズンもアーセナル視点で綴ります。


プレミアリーグを中心に戦評します。 チャンピオンリーグ・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【プレミアリーグ第35節 アーセナル VS トテナム・ホットスパー】 好調トッテナムにチカラの差を見せつけられて完敗。

 

 ■結果・スタッツ アーセナル(A) 0-2 トテナム・ホットスパー

プレミアリーグ】2016/4/30(日)
アーセナル(A) 0-2 トテナム・ホットスパー


【得点】
55’ 0 - 1 アリ
58’ 0 - 2 ハリー・ケイン

【スタッツ】

f:id:tsuda929:20170502192733p:plain

 

■3バックで宿敵トッテナムに挑む

 

 

f:id:tsuda929:20170502192910p:plain

4.17よりつづく3バックをこの日も採用。
ミッドウィークで入れ替えたメンバーをほぼ戻した。
4.26から3枚交代
IN:ジルー、チェンバレンラムジー
OUT:ウォルコット、ベジェリン、コクラン


(交替)
・ ジャカ → ウェルベック(65分)
・ ガブリエル → ベジェリン(75分)
・ ジルー → ウォルコット(81分)

■戦評:宿敵トッテナム相手に試合も順位も完敗・・・


宿敵、好調トッテナム
前半なんとかゼロで凌ぐも、後半2失点で完敗。
55分に有りに押し込まれて先制許した直後にPK与えて、
反撃する間を与えられることなく2失点。
終盤攻めたが、得点には至らず完敗。

攻撃では、ここのところよかったチェンバレンが不発で
なかなか抜け出すことができず、シル―にはボールが入らず
サンチェスの個人技に頼る展開。
唯一の希望はラムジーだったが・・・

守備では、流行りあいてしまう中央を攻められ、
サイドに開かれて、折り返される展開。

中央のジャカとラムジーが2人共上がって、ボール奪われて
守備に追われる展開をなんど見たことか。
コーナーキック4本与えるとかなかなか見ないね。

そして相変わらずのサイド展開されたときのよせの甘さ。
ハリー・ケインにシュート7本(枠内5本)打たれる展開は厳しい。

あぁ、完敗。
22年続いたトッテナムより上位死守が崩壊。
もう上に行かれることは分かっていただけど、
試合内容でも完敗だったことがなによりきつい。

これでトップ4もきつくなったかな・・・
と思ったら、マンCもマンUも引き分けてるし?!
まだまだ諦めないぞ!
 
 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ 

 

 

広告を非表示にする