読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて19年。2015-16シーズンもアーセナル視点で綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて21年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16シーズンに続き、2016-17シーズンもアーセナル視点で綴ります。


プレミアリーグを中心に戦評します。 チャンピオンリーグ・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【プレミアリーグ第36節 アーセナル VS マンチェスター・ユナイテッド】 5戦連続3バックで、ジャカ・ウェルベック弾で快勝!

 

■結果・スタッツ アーセナル(H) 2-0 マンチェスター・ユナイテッド


プレミアリーグ】2016/5/7(日)
アーセナル(H) 2-0 マンチェスター・ユナイテッド

【得点】
54’ 1 - 0 ジャカ
57’ 2 - 0 ウェルベック

【スタッツ】

f:id:tsuda929:20170508193022p:plain


 

■5戦連続3バックで、マンUに挑む。

f:id:tsuda929:20170508193105p:plain


4.30トッテナム戦から2枚交代
IN:ウェルベック、ホールディング
OUT:ジルー、ガブリエル

これで5戦連続3バック採用
TOPには、ジルーではなくウェルベック
正直これまで機能しなかったので当然だろう。


(交替)
・ ジャカ → コクラン(76分)
ウェルベック → ジルー(84分)
チェンバレン → ベジェリン(84分)

■戦評:攻撃的な3バックでゲームを支配し、2発快勝


EL優先で、ポグバ、ラッシュフォード、リンガードらが
スタメンをはずれたマンU。これで負けたら目も当てられない。

そんな試合は、開始5分に、マルシャルに抜け出されて
あわや失点というピンチに。ただこれをチェフがファインセーブ。
その後やや落ち着いて、徐々にアーセナルペースに持ち込む。

そして後半、54分にジャカのミドルが
エレーラの背中にあたってゴールに吸い込まれた。
やはりシュートは打って見ると何かが起きる!

さらに57分に、一度ボールを奪われたが、ホールディングが奪い返して、
チェンバレンのクロスがウェルベックの頭にドンピシャで2点目。

あとはルーニーに2回ほどミドルのチャンスを与えたが、
いずれも枠外にそれて、危なげなく勝利!

この日は、サンチェス・エジルが中にはいって下がり気味で
プレーすることが多く、そのタイミングで、ラムジーあたりが
上がってチャンスを作っていた。
サンチェスとエジルが近くでプレーすることでリズムも取れてたし、
中でプレーすることで、チェンバレン、ギブスとの両WBとのバランスもとれ
効果的な攻撃を作っていた。
ウェルベックが機能していたかは微妙だったが、
FWは得点決めてなんぼなんで問題なし!
 

ともかくこれで、TOP4を目指すライバルとの差は以下の通り
 

f:id:tsuda929:20170508193235p:plain


4位のマンCとは、6ポイント差で、1試合多く、
3位のリバプールとは、7ポイント差で、2試合多い

1つでも取りこぼしたらアウトだが、
可能性はまだあるので、
最後までTOP4目指して意地を見せて欲しい

まずは、5/10(水)サウサンプトン
これで負けたらジエンドなので、日程的にきついが勝つしかない
アーセナルのTOP4入り力を見せてやれ―!
 
 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ 

 

 

広告を非表示にする