読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて19年。2015-16シーズンもアーセナル視点で綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて21年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16シーズンに続き、2016-17シーズンもアーセナル視点で綴ります。


プレミアリーグを中心に戦評します。 チャンピオンリーグ・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【プレミアリーグ第37節 アーセナル VS ストーク・シティ】 ジルー、エジル、サンチェス揃い踏みでストーク撃破

 

■結果・スタッツ アーセナル(A) 4-1 ストーク・シティ

プレミアリーグ】2016/5/13(土)
アーセナル(A) 4-1 ストーク・シティ

【得点】
42’ 1 - 0 ジルー
55’ 2 - 0 エジル
67’ 2 - 1 クラウチ神の手
76’ 3 - 1 サンチェス
80’ 4 - 1 ジルー

【スタッツ】

f:id:tsuda929:20170515190903p:plain

 

■安定の3バックで、コシェルニーとムスタフィが初の同時出場

f:id:tsuda929:20170515190943p:plain

過密日程の中、3.10から4枚交代
OUT:ウェルベックラムジーチェンバレン、ギブス
IN:ジルー、コクラン、ベジェリン、コシェルニー

サンチェス、エジル、ジャカ、モンレアルが出ずっぱりなのが
気になるけど、負けられないから仕方がないか。

3CBは、はじめて、コシェルニーとムスタフィが同時出場。



(交替)
・ サンチェス → ラムジー(77分)
エジルウェルベック(83分)
・ ジルー → ウォルコット(84分)

■戦評:荒れた試合も終わってみれば、4発快勝

相性の悪いアウェイのストーク
更に相性の悪い、マイクディーン主審
そして前半40分まで攻めれども得点できず…
嫌な感じしかしなかったが、そこから一気にゲームが動いた。

42分ジルーが待望の先制弾

。 さすが結果を出す男!
コクラン→ベジェリンで縦に抜け出して、ジルーが押し込んだ!
そして55分、サンチェス・エジルコンビで1点
エジル→サンチェスにパス出して、エジルがそのまま全然に
それにタイミングを図って、縦パスが見事にエジルの足下に。
難なくシュートで追加点!



これで楽になるかと思ったら、
マイクディーンの不可解な流しとかでゲームが荒れてくると、
ドタバタなまま、クラウチの神の手ゴール決められて、
会場が盛り上げって、完全にストークを後押し。

だがしかし、
モモあたりを痛めたサンチェスが、
一瞬のスキを突いて抜け出し、シュート!自身初の20得点!



仕上げは、ラムジーからが抜け出だして、折り返しをジルーが
スライディングシュート。

この日2点目で勝負有り。

難しいゲームで、見事勝ち点3をゲット。
翌日試合のリバプールにプレッシャーを掛けることに成功。

ただ、結果リバプールも勝利し、差は縮まらず。

f:id:tsuda929:20170515192933p:plain


アーセナルTOP4入りの条件は、下記の通り。
まずアーセナルが2勝する。>>>勝ち点75
リバプールが、ミドルスブラに敗れるか、引分 >>>勝ち点73 or 74
マンCが、ウェストブロムワトフォードに勝ち点3以下 >>>勝ち点72 or 74 or 75
(マンCが、1勝1敗の場合、得失点の勝負となる。現在の得失点差は5)

他力本願っぷりが果てしないが、なんとしてもTOP4に滑り込んで欲しい。
期待できるのは、ウエストハムあたりかな?!

 

 
 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ 

 

 

広告を非表示にする