読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて19年。2015-16シーズンもアーセナル視点で綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて21年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16シーズンに続き、2016-17シーズンもアーセナル視点で綴ります。


プレミアリーグを中心に戦評します。 チャンピオンリーグ・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【プレミアリーグ第34節 アーセナル VS サンダーランド】 打ちまくってシュート36本で2得点は頼りになるエースサンチェス!

 

■結果・スタッツ アーセナル(H) 2-0 サンダーランド


プレミアリーグ】2017/5/16(火)
アーセナル(H) 2-0 サンダーランド


【得点】
72’ 1 - 0 サンチェス
81’ 2 - 0 サンチェス

【スタッツ】

f:id:tsuda929:20170519130312p:plain

 

■過密日程中も2枚交代のみ、5人は10日で4連続スタメン

f:id:tsuda929:20170519130355p:plain



過密日程中だが、2枚交代のみ
OUT:コクラン、コシェルニー
IN:ラムジー、ギブス

5/7~これで4戦目という過密日程
サンチェス・エジル・ジャカ・モンレアル・ホールディング・チェフ
この6名は4戦ともスタメン。
相変わらずのローテーション下手。
サンチェス、エジルは代わりが効かないとしても
ジャカ、モンレアル、ホールディングは、1戦ぐらいは休ませて欲しいものだ。


(交替)
・ ギブス → イウォビ(69分)
ラムジーウェルベック(69分)
・ ジルー → ウォルコット(85分)

■戦評:圧倒的に支配して攻めまくって2得点で勝利


勝つしかない戦いで圧倒的に支配し、ゴール迫るも
得点できないという展開。

だんだん焦りが見えてきた後半69分
2枚替えで、ギブスとラムジー下げて、イウォビとラムジー投入して
4-2-3-1にフォーメーションを変更。

この変更が功を奏し、イウォビのシュートで得たCKから、
エジル→ジャカ→エジル→サンチェス と完璧に崩して先制。


鮮やかゴール。

さらに、81分、今度は右サイドから
ムスタフィ→ジルー→サンチェス でゴール!



スタッツどおり攻めまくって快勝。
なかなか得点が生まれなかったが、攻めることを止めなかったガナーズ
それが実を結んだ2得点。

シティーもしっかり勝って差は縮まらなかったが、
これでTOP4争いは最終節にもつれ込んだ。

さぁ、いざ最終節。
とにかく我々は勝つしかいない!

 

 
 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ 

 

 

広告を非表示にする