アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて19年。2015-16シーズンもアーセナル視点で綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて22年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16、2016-17シーズンに続き、2018-19シーズンもアーセナル視点で綴ります。


プレミアリーグを中心に戦評します。 チャンピオンリーグ・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【プレミアリーグ第6節 アーセナル VS ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン】 サンチェス復活?!ラカゼット2発で快勝!

■結果・スタッツ アーセナル(H) 2-0 ウェスト・ブロムウィッチ


プレミアリーグ】 2017/9/25(月)
アーセナル(H) 2-0 ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン

【得点】
20’ 1 - 0 ラカゼット
67’ 2 - 0 ラカゼット (PK)

【スタッツ】
f:id:tsuda929:20170927210329p:plain

 

 

■満を持してサンチェス プレミア初スタメン

f:id:tsuda929:20170927210349p:plain


5節のチェルシー戦から2枚交代。
OUT:ウェルベック、イウォビ
IN:サンチェス、エルネニー

怪我で離脱のウェルベックに変わってサンチェスが
今シーズンプレミア初スタメン。
怪我明けのエジルはベンチで、ラムジーが1列上がって、
ボランチにはエルネニーが入った。

■戦評:ラカゼット、サンチェスで攻撃が活性化

 
前節チェルシー戦の引き分けを活かすも殺すもこの試合。
というわけで大事な試合は、意味不明な月曜日マッチ。

開始早々ムスタフィのPK疑惑があったけど、
PKにならず、チェフの好セーブで凌ぐと、
初スタメンのサンチェスのFKを弾いたところを
ラカゼットが頭で押し込み先制!Embed from Getty Images Embed from Getty Images

その後、ピンチの時間帯を迎えるも
モンレアルの魂のクリアで危機を回避すると、Embed from Getty Images
後半に入って、67分にラムジーが抜け出すと
後ろから押されてPK獲得。今度はPK判定。
このPKをラカゼットがしっかり決めて2点目Embed from Getty Images

その後は危なげなく、2-0快勝。

ラカゼットの2得点はもちろん、
サンチェスのコンディションが上がってきて、
全然の活性化が図れていたこと。 Embed from Getty Images
コラシナツ、ベジェリンの両WBが前への推進力を発揮していること。
攻撃に関しては、申し分ない展開になってきた。

守備に関しては、3バックとしての連携はまだまだだが、
ムスタフィを中央におく配置で、まずまずの成果を上げている。
(これでムスタフィをレンタルしていたらどうなっていのか…)

さぁ、ここから巻き返しだ!
今週のELはローテーションさせるだろうが、
PLに関しては、
ブライトン、ワトフォードエヴァートンスウォンジー
勝ち点を積み上げなければならない相手がつづく。
ここ4戦でしっかり勝ち点を12積み上げて、
その後のマンC戦を迎えたいところだ!

 

 

 

 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ