アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて19年。2015-16シーズンもアーセナル視点で綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて22年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16、2016-17シーズンに続き、2018-19シーズンもアーセナル視点で綴ります。


プレミアリーグを中心に戦評します。 チャンピオンリーグ・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【ELグループH第2戦 アーセナル VS Bateボリソフ】 ウィルシャー躍動&ジルー100得点で快勝

 

 ■結果・スタッツ アーセナル(A) 4-2 Bateボリソフ


【EL】 2017/9/28(木)
アーセナル(A) 4-2 Bateボリソフ


【得点】
9’ 1 - 0 ウォルコット
22’ 2 - 0 ウォルコット
25’ 3 - 0 ホールディング
28’ 3 - 1 イバニッチ
49’ 4 - 1 ジルー
67’ 4 - 2 ゴルデイチュク

 

■ローテーション&若手起用

 

f:id:tsuda929:20170929232206p:plain


予想通りローテーション。
エルネニー、ムスタフィを除く9枚交代。
若いネルソン、ナイルズ、ウィロックがスタメン起用。
ウィルシャーが1列前目にポジション。


【スタッツ】

f:id:tsuda929:20170929232144p:plain

■戦評:ウィルシャーの躍動で鮮やか4得点も終盤守備のバランス崩壊


開始直後から主導権を握り、
ウィルシャー>ジルー>ウィルシャーウォルコットと繋いで先制ゴール。Embed from Getty Images
その後も、ウォルコットが2点目を決めたと思えば、
CKからホールディングがアーセナル初得点Embed from Getty Images
ただ、これで集中力が切れたのかあっさり失点。
後半そうそうPKで、ジルーが記念すべきアーセナルでの100得点を決めるとEmbed from Getty Images
守備の意識が希薄になって、中盤は空くし、WBの裏は空くしで、
守備のバランス崩壊。けっきょく18本ものシュートを打たれるしまつ
それでも2失点で終えて、 4-2で快勝。

内容はともかく危なげなく勝てたことは評価できる。
そして、なんといってもウィルシャーの躍動。Embed from Getty Images
前半はかつての姿を取り戻したかのような動きで、
攻撃を指揮。
本来のボランチの方が、縦への推進力を発揮出せるだろうが、
前線で周りとの距離か近い位置でも生き生きとしていた。

過密日程の中、多くの選手を帯同させずに、
しっかり勝利したことに価値がある。
そういう意味ではELも悪くない。

 

 

 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ