アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて22年。今シーズンもガナーズ視点で綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて22年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16、2016-17シーズンに続き、2018-19シーズンもアーセナル視点で綴ります。


プレミアリーグを中心に戦評します。 チャンピオンリーグ・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【プレミアリーグ第7節 アーセナル VS ブライトン】 昇格組のブライトンをシュート25本で圧倒しモンレアル弾、イウォビ弾で2得点

 

■結果・スタッツ アーセナル(H) 2-0 ブライトン


プレミアリーグ】 2017/10/1(日)
アーセナル(H) 2-0 ブライトン


【得点】
16’ 1 - 0 モンレアル
56’ 2 - 0 イウォビ


■過密日程もローテションで凌ぐ。

f:id:tsuda929:20171002101547p:plain



第6節のウェストブロム戦から2枚交代。
ELからはムスタフィ、ホールディングの2人のみ連戦。
OUT:エルネニー、コシェルニー
IN:イウォビ、ホールディング

エジルとコシェルニーは怪我で欠場。


【スタッツ】

f:id:tsuda929:20171002101606p:plain

 


■戦評:シュート25本で圧倒し勝利。

 

昇格組のブライトンに危なげなく勝利。
得点としては2点のみだったが、もっと入ってもおかしくない展開で
シュート25本、枠内12本と圧倒。
1点目はCKからモンレアルが押し込んで先制し、Embed from Getty Images
2点目はサンチェスの技ありヒールスルーパスからEmbed from Getty Images
イウォビが今シーズン初ゴールを沈めた。Embed from Getty Images
開始早々のラカゼットのミドルも惜しかった。

リードして終盤を迎えるとどうしても守備がゆるくなるという
悪い面も見られたが、それでも安心してみてられる展開。

少し気になるのは、サンチェスにボールが入らないと
スイッチがなかなかはいらないところ。
サンチェスのコンディションが上がってきたっていうのも有るが、
あまり頼り過ぎと、、、

ともかくこれで5位浮上。
シティ戦まで3戦でしっかり勝ち点積み上げておきたい。

 

 

 

 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ