アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて22年。今シーズンもガナーズ視点で綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて22年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16、2016-17シーズンに続き、2018-19シーズンもアーセナル視点で綴ります。


プレミアリーグを中心に戦評します。 チャンピオンリーグ・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【プレミアリーグ第10節 アーセナル VS スウォンジー・シティ】 移籍金0の男コラシナツが1G1Aの活躍で逆転勝ち

 ■結果・スタッツ アーセナル(H) 2-1 スウォンジー


プレミアリーグ】 2017/10/28(土)
アーセナル(H) 2-1 スウォンジー・シティ


【得点】
22’ 0 - 1 クルーカス
51’ 1 - 1 コラシナツ
58’ 2 - 1 ラムジー

■これがアーセナルのベストメンバー

f:id:tsuda929:20171101104327p:plain



快勝した第8節エヴァートン戦と同じメンバー。
CBムスタフィ以外はこれは今のベストメンバーだろう。


【スタッツ】

f:id:tsuda929:20171101104348p:plain

 


■戦評:先制されるもコラシナツの活躍で逆転

 

苦手スウォンジーに先制されるも逆転で勝利。
チームを救ったのは左WBのコラシナツ。
今シーズン移籍金0で加入した男がやってくれた。
1G1Aで間違い無しのMOMである。Embed from Getty Images Embed from Getty Images Embed from Getty Images

前半はサイドを埋められて苦戦したが、後半右サイドから攻め上がって、
DFが右によったところでジャカのサイドチェンジでフリーのコラシナツへ。
この流れを多投して完全に流れを作った。

サンチェス、コラシナツのコンビも良かったし、
コラシナツはシュート力も技術も有る。

加入当初は、ガタイの良いコラシナツが左CBで
モンレアルが左WBかと思っていたが、今やこの形がハマっている。

コシェルニーを中央CBから右CBに変えてから安定したし、
ここに一つの形が出来上がった感がある。

で、次節アウェイでのンC戦である。
とにかくここで叩く。勝つしかない。

 

 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ