アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて19年。2015-16シーズンもアーセナル視点で綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて22年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16、2016-17シーズンに続き、2018-19シーズンもアーセナル視点で綴ります。


プレミアリーグを中心に戦評します。 チャンピオンリーグ・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【プレミアリーグ第11節 アーセナル VS マンチェスター・シティ】 ハイプレス&高速サッカーの末、3失点喫して敗戦

 

■結果・スタッツ アーセナル(A) 1-3 マンチェスター・シティ


プレミアリーグ】 2017/11/5(日)
アーセナル(A) 1-3 マンチェスター・シティ

【得点】
19’ 0 - 1 デ・ブライネ
50’ 0 - 2 アグエロ
65’ 1 - 2 ラカゼット
74’ 1 - 3 ジェズス

 

■サンチェスTOPで、まさかのCBコクラン?!

f:id:tsuda929:20171106215201p:plain

 



前節から2枚交代
OUT:ラカゼット、メルテザッカー
IN:イウォビ、コクラン

まさかのコクランCB中央で起用。
そしてカラゼットではなく、ジルーでもなく、イウォビを起用。
守備的なものを考慮しての起用だろうが、予想外。

それよりもコクラン。不安しかない。


【スタッツ】

f:id:tsuda929:20171106215245p:plain



■戦評:ハイプレス、ショートカウンターの応酬もシティが上回る


凄まじく早く、激しいのサッカーは、シティに軍配。
開始直後からお互い早い展開で攻撃を仕掛け、
フルコートでプレスを仕掛けボールをさらいに行く。
奪ったら早い展開で相手ゴールを目指す。
そんなハイペースな戦いは、デ・ブライネにこじ開けられてしまう。
前半終了間際にラムジーのあわやのシーンが有ったが、
GKにとめられてしまう。

そして後半5分にモンレアルスターリングを倒してPK
ショルダーな気もしたが、やや前に入られていたため印象が良くない。
そのPKをアグエロに決められ、、、、

と思いきやラカゼット投入で、
4バックに切り替え、攻勢に出ると
ラムジー→ラカゼットで見事にゴール!!Embed from Getty Images

さぁ、ここから、、、
と思ったのもつかの間、シルバのオフサイド臭い飛び出しに
足が止まったDF陣、、、ジェズスに詰められて3失点目。
これで万事休す。。。

首位シティを止めるべく
ハイプレスで挑んで、可能性は垣間見たが、あえなく敗戦。
スケジュール的な優位性があったはずなのに、
シティの方がが最後まで運動量が落ちずに、
徹底された攻撃とシルバ、デ・ブライネのボール保有力の
差を見せつけられてしまった。

そして先制点を取られたシーンも一度奪ったボールを
繋ぎきれずに再び奪われてからの流れだった。
こういうシーンを見ていると、A.カソルラの不在を感じてしまう。
あの狭い位置でのボールタッチでの抜け出しが必要だ。

これで首位シティとは、勝ち点差12
悔しいが、正直優勝は厳しいと言わざるをえない。

 

 

 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ