アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて22年。今シーズンもガナーズ視点で綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて22年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16、2016-17シーズンに続き、2018-19シーズンもアーセナル視点で綴ります。


プレミアリーグを中心に戦評します。 チャンピオンリーグ・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【プレミアリーグ第13節 アーセナル VS バーンリーFC】 エジル不在で好機演出不足もアディショナルタイムPK弾で辛勝。4位浮上!

 

 ■結果・スタッツ アーセナル(A) 1-0 バーンリーFC


プレミアリーグ】 2017/11/26(日)
アーセナル(A) 1-0 バーンリーFC

【得点】
90’ 1 - 0 サンチェス

 

エジル体調不良でイウォビスタメン

f:id:tsuda929:20171128192941p:plain


12節トッテナム戦から1枚交代
OUT:エジル
IN:イウォビ

エジルが体調不良ということでベンチ外。
トッテナム戦が素晴らしかっただけに残念だが、仕方がない。


【スタッツ】

f:id:tsuda929:20171128192956p:plain

 

■戦評:前半スローペースで後半エンジンかかってATになんとか辛勝


厳しい戦いだった。
前節のトッテナム戦とは違っって前線からのプレスはだいぶ少なく、
ゆるーい感じの試合展開に。ボールを奪えずなかなかいい展開を作れない。
前半終盤スローインからラカゼットが左サイドを抜けてラムジーへ送ったのが、
前半唯一のチャンスだった。

ハーフタイムに激が飛んだのか、
後半に入ってようやっとエンジンを掛けて、プレスからのボール奪取で
好機を演出していく。が、効果的な攻めは少ない。

たまらずモンレアルが何度かミドル狙うも、、、、
コシェルニーがクロス上げるも精度が、、、

そしてスコアレスが濃厚になったアディショナルタイム
これまで完璧だったCBターコスキーがラムジー押してPK。
それをサンチェスがしっかりPK決めて
辛くも勝利をゲットした!Embed from Getty Images

シュートは18本はなったけど、
決定機は正直少なくアイデア不足を露呈。
エジル不在を感じずにいられない展開だった。

終盤ウィルシャーが入って、明らかに流れが良くなった。Embed from Getty Images
ラムジーとの位置関係は微妙なん感じだったけど、
ぜひプレミアでもスタメンで使ってもらいたい。
できればボランチで。

にしても貴重な勝ち点3ゲットだぜ!
一気に4位浮上だっ!

 

 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ