アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて22年。今シーズンもガナーズ視点で綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて22年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16、2016-17シーズンに続き、2018-19シーズンもアーセナル視点で綴ります。


プレミアリーグを中心に戦評します。 チャンピオンリーグ・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【プレミアリーグ第15節 アーセナル VS マンチェスター・ユナイテッド】 シュート33本もデヘアの牙城崩せず、ミスからの失点に泣く

 

■結果・スタッツ アーセナル(H) 1-3 マンチェスター・ユナイテッド


プレミアリーグ】 2017/12/2(土)
アーセナル(H) 1-3 マンチェスター・ユナイテッド


【得点】
4’ 0 - 1 バレンシア
11’ 0 - 2 リンガード
49’ 1 - 2 ラカゼット
63’ 1 - 3 リンガード

 

 

■今シーズン3度目のエジルサンチェスラカゼット揃い踏み

 

f:id:tsuda929:20171203202651p:plain


前節と同じメンバー

前節前半で股関節を痛めて交代したラカゼットも
軽傷だったようで無事スタメン入り

【スタッツ】

f:id:tsuda929:20171203202711p:plain

 

■戦評:ミスから失点、そこから巻き返すもデヘアの牙城崩せず

開始早々4分にコシェルニーの横パスをカットされて先制を許す
さらに11分に今度はムスタフィのミスから失点。
最悪のスタートで、さらにこのプレーでムスタフィが負傷退場
イウォビを投入して、久々にフォーメーションを4バックに変更

f:id:tsuda929:20171203202738p:plain


この交代がうまくハマってボールが回ってペースを握る
得点の臭がしながらも最後が決めきれずに前半はそのまま終了。

後半に入ってさらにペースUP
そして49分にサンチェスのクロスにラムジーが抜け出し、
冷静におしゃれにラカゼットに落としてゴール!Embed from Getty Images Embed from Getty Images
完璧な崩しでついにデ・ヘアのゴールをこじ開けた。

その後同点になりそうな雰囲気しかなかったが、
カウンターでポグバに運ばれ、コシェルニーが外され、
リンガードに送られ失点。

それでも上がりまくって攻めまくって、 打ちまくって…
エジルがチャンスメイクしまくって、
ゴールまで迫るも、打てども打てどもどうしてもデヘアの牙城が崩せない。Embed from Getty Images

終盤には、ベジェリンに代わってウェルベック
コラシナツに代わってジルーをいれて、2バック状態で波状攻撃。

結局33本、枠内15本打ちながら1点どまり
ボール保持率75%、パス成功率86%
殆どを相手のエリアでプレーしながら
1-3で負けるとか意味わからん。

これもモウリーニョの戦術にハマったかもしれないが、
全く負けた気がしないのに完敗してる。

でも最後のゴールが割れなかったが、
それまでの崩しも華麗だし、悪くないし、
モチベーションも闘志も、コンビも悪くなかった。
やっぱりエジルサンチェスラカゼットの3人はワクワクしかないし、
そこにラムジーやベジェリンが絡んで、見事だった。

結果はどうあっても、マンUよりアーセナルの闘い方が好きだ!


でも負けたんですけどね。。。
やっぱりゲームの入り方、大事だな
あれからよくモチベーション上げて巻き返しを図ってたけど、
やっぱり開始直後のあの2失点は痛すぎる。
あぁ、5位転落。

 

 

 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ