アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて22年。今シーズンもガナーズ視点で綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて22年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16、2016-17シーズンに続き、2018-19シーズンもアーセナル視点で綴ります。


プレミアリーグを中心に戦評します。 チャンピオンリーグ・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【プレミアリーグ第17節 アーセナル VS ウェストハム・ユナイテッド】 4バック回帰も2戦連続ドローで7位後退

 ■結果・スタッツ アーセナル(A) 0-0 ウェストハム・ユナイテッド


プレミアリーグ】 2017/12/13(水)
アーセナル(A) 0-0 ウェストハム・ユナイテッド


【得点】

 

■まさかの4バック回帰

f:id:tsuda929:20171215201347p:plain



3日前の16節から4枚交代
OUT:ラカゼット・ラムジー・コラシナツ・メルテザッカー
IN:ジルー・イウォビ・ウィルシャー・ナイルズ

PLでは今シーズン初のスタートから4バック採用
ELでも4バックを採用しており、布石はあったとは言え、
ここにきての4バック回帰は予想外だった。

そして、カップ戦、EL組からジルー、ウィルシャー、ナイルズがスタメン起用


【スタッツ】

f:id:tsuda929:20171215201359p:plain

 



■戦評:4バックで挑むも攻撃が単調で守備崩せずスコアレス


守備を固めたモイーズに攻撃が遮断され、
スコアレスでドロー。2戦連続の痛すぎるドロー。
とにかく守備を固められてスペースがない。
エジルウィルシャー、サンチェスがチャンスメイクするも
決定的なチャンスは作れない。
ここまで固められたら、崩しだけじゃなくてミドルや高さを活用しないと
どうにもならない。

ナイルズは何度か左サイドを崩して、
ジルーヘッド狙いのクロスは可能性を感じたが…

シュート22本も枠内3本は寂しすぎる。



また守備でも、何度か危ない場面を作られた。
これが上位陣で決定力があったらおそらくやられていただろう。

とにかく課題が残った試合となった。
今後も4バックで行くのか、3バックで行くのか?
ジャカがアンカー気味に入っていたが不安しかない。
4バックで行くなら、ウィルシャーとエルネニーとか、
ジャカとコクランとか、の組み合わせが必要になるだろう。

 

まさかの7位後退、、、

 

また、プレミアリーグでの決定数がでていた。

 アーセナル:230回(30得点)
 マンC  :228回(52得点)
 リバプール:225回(34得点)
 トッテナム:224回(30得点)
 チェルシー:196回(31得点)

如何に決定力がないかが証明されてしまった。

チャンスメイク

デ・ブルイネ:50回
セスク・ファブレガス:47回
エジル:46回
サンチェス:40回

これを見ると、3バックだと前線が3枚だから
エジルサンチェスがチャンスメイクしてるが、
ターゲットはラカゼットしかいない構図になる。

あとは上がってくるラムジーだけケアしてればいい
ディフェンスは絞りやすいね。

 

 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ