アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて22年。今シーズンもガナーズ視点で綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて22年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16、2016-17シーズンに続き、2018-19シーズンもアーセナル視点で綴ります。


プレミアリーグを中心に戦評します。 チャンピオンリーグ・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【プレミアリーグ第18節 アーセナル VS ニューカッスル・ユナイテッド】 エジル異次元ボレーで勝利も、4バックに不安を残す

 

■結果・スタッツ アーセナル(H) 1-0 ニューカッスル・ユナイテッド

プレミアリーグ】 2017/12/16(土)
アーセナル(H) 1-0 ニューカッスル・ユナイテッド

【得点】
23’ 1 - 0 エジル

 

■前節に続いて4バック(4-2-3-1)回帰

 

f:id:tsuda929:20171218191715p:plain


ミッドウィークのウェストハム戦から1枚交代
OUT:ジルー
IN:ラカゼット

過密日程につき、コラシナツとか幾つか戻すかと思ったけど、
FWを入れ替えただけ。
4-2-3-1の布陣。

【スタッツ】

f:id:tsuda929:20171218191730p:plain

 

■戦評:4バックで攻撃重視もカウンター食らってあわや…


決定力不足を露呈しているここ数試合を改善すべく前節から
4バックに戻したフォーメーションをこの試合も継続。

試合は、攻撃ではエジルの異次元ボレーで先制 Embed from Getty Images
溢れる位置を予測してバックステップとか、まさにジダンを彷彿させるプレー。

しかしその後は決定機を決めきれず・・・
守備もカウンターに幾度となくピンチに陥り、
相手の決定力不足に助けられてなんとか凌いだ感じ。

この試合良かったのは、
衝撃ボレーのエジルと、独特のドリブルのイウォビ、
ドリブルで幾度となく仕掛けテリルウィルシャー
そして左SBに入って、縦への推進力を生んだネイトランド・ナイルズ

一方、ジャカは相変わらずパスミスしているし、
サンチェスも下がりがちだし、ボール離れが悪い。
どんな状況でも戦える選手だと思ってたけどここ数試合は・・・ Embed from Getty Images

結局ボールは71%保持してシュートは22本打ってるけど
枠内は5本
そして、相手にも10本のシュートを打たせてしまっている。

今後アーセナルが上位に行くには、
枠内を10本にして、被シュートを10本未満に抑える必要がある。

次のカップ戦はローテーションかな。

 

 

 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ