アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて19年。2015-16シーズンもアーセナル視点で綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて22年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16、2016-17シーズンに続き、2018-19シーズンもアーセナル視点で綴ります。


プレミアリーグを中心に戦評します。 チャンピオンリーグ・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【プレミアリーグ第20節 アーセナル VS クリスタル・パレス】 サンチェス2発も薄氷の勝利

 

■結果・スタッツ アーセナル(A) 3-2 クリスタル・パレス

プレミアリーグ】 2017/12/28(木)
アーセナル(A) 3-2 クリスタル・パレス

【得点】
25’ 1 - 0 ムスタフィ
49’ 1 - 1 タウンゼンド
62’ 2 - 1 サンチェス
66’ 3 - 1 サンチェス
89’ 3 - 2 トムキンス

■ムスタフィ復帰で再び3バックへ

f:id:tsuda929:20180103225206p:plain


4バックから再び3バックへ回帰
前節からは3枚交代
OUT:イウォビ、ナイルズ、モンレアル
IN:コラシナツ、チェンバース、ムスタフィ

17節・18節・19節と4バックに戻していたが、
1勝2分と結果も出てないからか、
ムスタフィが怪我から復帰したらか、3バックに再び戻した


【スタッツ】

f:id:tsuda929:20180103225234p:plain

 

■戦評:サンチェス2発で勝利も、チームバランスはチグハグ


先制するもあっさり追いつかれ、
サンチェス2発で勝ち越すも、
終盤ひやひやもんの薄氷の勝利。

ゲーム後にはサンチェスのゴールにチームメイトが
全員駆け寄らなかっただとか報道もされ、
ますますサンチェス周りが落ち着かない。

いずれにしてもシュート打たせ過ぎ。
この展開で3バックなら、もっと未然に防がねばならないだろうに
あっさりマークをはがされるシーンが目立ち、
中盤がスライドしきれずにフリーにされる。
この守備では、上位陣に勝つことはできないだろう。

勝ったことだけは良かったが、
それ以外に得るものが少ない試合だった。

 

 

 

 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ