アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて19年。2015-16シーズンもアーセナル視点で綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて21年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16シーズンに続き、2016-17シーズンもアーセナル視点で綴ります。


プレミアリーグを中心に戦評します。 チャンピオンリーグ・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【FAカップ3回戦 アーセナル VS ノッティンガムフォレスト】 ボール保持も攻め手欠き、守備崩壊で4失点敗退

 

 ■結果・スタッツ アーセナル(A) 2-4 ノッティンガムフォレスト

FAカップ】 2018/1/7(日)
アーセナル(A) 2-4 ノッティンガムフォレスト

【得点】
20’ 0 - 1 リチャイ
23’ 1 - 1 メルテザッカー
44’ 1 - 2 リチャイ
64’ 1 - 3 ブレルトン
79’ 2 - 3 ウェルベック
85’ 2 - 4 ドウェル

 

■9枚交代ローテーションでFA杯

f:id:tsuda929:20180109083359p:plain



ホールディング、ナイルズの除く9枚交代
FA杯もローテーションで挑む
フォーメーションは4バック

【スタッツ】

f:id:tsuda929:20180109083419p:plain

 

■戦評:守備崩壊で4失点敗退

またもや4バックに戻して挑んだが、
とにかく守備がざるすぎた。
ロングボールで簡単に裏取られてシュートまで持ち込まれる。
ポゼッション69%あるのに、被シュート12本(枠内9本)
まさにカウンターの術中にハマっている結果である。

最初の失点後にする取り返したのは良かったが…
メルテザッカー押し込んでゴールEmbed from Getty Images


ボランチのところでウィロックはほぼ消えていたし、
攻撃でも、ネルソン、ウォルコットウェルベックと単発で
コンビネーションは皆無。
唯一イウォビのドリブルが頼みだったが、不発。
ウォルコットウェルベックと抜け出しに対して、パサー不在。

同じローテーションとは言え、
ウィルシー、ジルーが不在を痛感する結果。
前線でタメを作れるジルーと
創造性のウィルシャー、、、
過密日程の中、ローテーションは必要だが、
「核」がいないとチームとして機能しなくなる。

これで貴重なカップ戦を失った。
これで意地でもカラバオ杯を取らねばならない。
10日、24日のチェルシーとの準決勝。
フルメンバーで挑んでほしい。

 

 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ