アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて19年。2015-16シーズンもアーセナル視点で綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて21年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16シーズンに続き、2016-17シーズンもアーセナル視点で綴ります。


プレミアリーグを中心に戦評します。 チャンピオンリーグ・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【プレミアリーグ第23節 アーセナル VS AFCボーンマウス】 エジル・サンチェス抜きで精彩欠いて逆転負け

 

■結果・スタッツ アーセナル(A) 1-2 AFCボーンマウス


プレミアリーグ】 2018/1/14(日)
アーセナル(A) 1-2 AFCボーンマウス

【得点】
52’ 1 - 0 ベジェリン
70’ 1 - 1 ウィルソン
74’ 1 - 2 アイべ

 

チェルシー戦とGK以外同じエジルサンチェス抜きのメンバー

f:id:tsuda929:20180116200954p:plain



1.10のリーグ杯準決勝1stレグのチェルシー戦から1枚交代
OUT:オスピナ
IN:チェフ

エジルは膝の怪我のため帯同せず
サンチェスは、いろいろ忙しくて帯同せず?!

CB、コシェルニーとモンレアルも相変わらず怪我のため不在。
怪我明けのラムジーがベンチ入り


【スタッツ】

f:id:tsuda929:20180116201021p:plain

 


■戦評:先制するも守りきれず、交代の混乱つかれて逆転負け

日程のせいか動きが重い
それでも52分にイウォビ→ベジェリンで裏取って
ベジェリンが2戦連発のゴールで先制。Embed from Getty Images
ここまでピンチらしいピンチもなく、安心していたのだが…

70分に最初の枠内シュートで同点にされると、
チェンバースをラムジーに替えて、
システムを3バックから4バックに替えた直後の
DFラインが機能しないうちに逆転ゴールを許した。

その後、巻き返しを図るも決定機を作ることすら出来ずに敗戦。

シュートは21本打っているものの、
決定機と言えるものは少なく、
前線が単発で、ウィルシャー頼みな試合だった。
前半のナイルズのクロスバー直撃のシュートが入ってれば、
だいぶ試合が変わってた気がするだけに悔やまれる。

2018年に入って、カッ含めて、
4戦0勝2分2敗
なんかいろいろ終わった。。。

サンチェスの移籍も時間の問題だし、嫌な感じしかない。
これまで1月移籍に消極的だったアーセナル
主力が1月に抜けることは、今シーズンの終焉を意味している。
終焉ではないメッセージとして、選手獲得が必要だろう。

 

 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ