アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて19年。2015-16シーズンもアーセナル視点で綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて22年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16、2016-17シーズンに続き、2018-19シーズンもアーセナル視点で綴ります。


プレミアリーグを中心に戦評します。 チャンピオンリーグ・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【プレミアリーグ第24節 アーセナル VS クリスタル・パレス】 エジル復帰で怒涛の22分間。サンチェス不在感じさせず快勝

 ■結果・スタッツ アーセナル(H) 4-1 クリスタル・パレス

プレミアリーグ】 2018/1/20(土)
アーセナル(H) 4-1 クリスタル・パレス

【得点】
6’ 1 - 0 モンレアル
10’ 2 - 0 イウォビ
13’ 3 - 0 コシェルニー
22’ 4 - 0 ラカゼット
78’ 4 - 1 ミリボイビッチ

 

■怪我から、コシェルニー、モンレアルエジルが復帰で4バック回帰

f:id:tsuda929:20180125125345p:plain



怪我から、コシェルニー、モンレアルエジルが復帰
(サンチェスは招集外)
前節23節からは、4枚交代
OUT:ウェルベック、ナイルズ、チェンバース、ホールディング
IN:エジル、エルネニー、コシェルニー、モンレアル

コシェルニーの復帰もあってかリーグ戦では19節ぶりの4バック
ボランチには久しぶりにエルネニーが入った。
PLでは8節ぶりのスタメン。


【スタッツ】

f:id:tsuda929:20180125125424p:plain

■戦評:エルネニーが作った攻撃のいい流れ。4発快勝。


開始直後から怒涛の攻撃。
CB起用を示唆していたモンレアルを、左SBに起用して、
まさにそこが活きた感じ。


6分にCKからモンレアルがDF剥がしてヘディングで先制
10分にモンレアルが切り込んでからの折り返しをイウォビが決めて2点目
13分にCKからモンレアルが折り返したのをコシェルニーが押し込んで3点目
仕上げは22分に、エジルからはじっまたムーブで中央をこじ開けた
エジル→イウォビ→エジルウィルシャーエジル→ラカゼット
完璧なゴールで4点目で試合を決めた!ラカゼットもほんと久々の価値あるゴール。Embed from Getty Images


後半に入ってペースを落とした部分が多くて、
1失点はしたものの危なげなく勝利。
サンチェス不在を感じさせない鮮やかな勝利である。

この試合で光っていたのはエルネニー
ボランチで、実によく動き回ってパスを引き出し、
実に97本のパスを繋いだ。

《パス本数》
97本:エルネニー
80本:ジャカ
78本:コシェルニー
77本:ムスタフィ
66本:ウィルシャー

このパスの数を見ただけでも中盤で上手くパスを回してるのが分かる。
CBからエルネニーを経由して、ウィルシャーにつないで、そこからエジルへ渡す。
そんな攻撃が見事に繰り広げられた。
そのキーとなったのが、エルネニーだろう。
今シーズンPLではなかなか出番がなく、カップ戦要員となっていたが、
それでもう豊富な運動量をずっと維持しており、
コクランの移籍で巡ってきたチャンスを見事にモノにした。
またエルネニーのお陰で、ジャカが前目でプレーできていたこともプラスだった。

サンチェス不在で、この内容での勝利は大いに価値がある。

 

 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ