アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて19年。2015-16シーズンもアーセナル視点で綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて22年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16、2016-17シーズンに続き、2018-19シーズンもアーセナル視点で綴ります。


プレミアリーグを中心に戦評します。 チャンピオンリーグ・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【プレミアリーグ第25節 アーセナル VS スウォンジー・シティ】 モンレアル弾で先制も守備崩壊。ムヒタリアンのデビュー戦飾れず逆転負け

プレミアリーグ】 2018/1/30(火)

アーセナル(A) 1-3 スウォンジー・シティ

【得点】
33’ 1 - 0 モンレアル
34’ 1 - 1 クルーカス
61’ 1 - 2 アイェウ
86’ 1 - 3 クルーカス

 

 

■ウィルヤー欠場でラムジー起用、4-3-3

f:id:tsuda929:20180201125852p:plain



1/24チェルシー戦から2枚交代
OUT:オスピナウィルシャー
IN:チェフ、ラムジー

ウィルシャーは風邪でメンバー外だそうだ。
おそらく、エルネニーが中盤底に入って、その前にジャカとラムジー
4-2-3-1というより、4-3-3かな。

ムヒタリアンはベンチからのスタート


【スタッツ】

f:id:tsuda929:20180201130106p:plain


■戦評:先制するも守備崩壊で逆転負け

エジルモンレアルの見事なゴールで先制するもEmbed from Getty Images
1分後にあっさり失点
後半、今度は守備のミスから2失点

あまりに不甲斐ない結果に唖然。
チェルシー戦のあの熱いプレーはどこいった。

スタッツ見ても、74%ボール保持していながら
被シュート12本も打たれたらこういう結果にもなる

簡単に中盤のスペース開けるからシュートまで持ち込まれてしまっている

途中からムヒタリアン投入して、らしさを見せて履いたが、
ムヒタリアンのデビュー戦を祝う結果にはならなかった

この試合奮闘したのはエジル
イマイチだったのが、ラムジー、イウォビ、ラカゼット

これはこの試合のpass本数だが、
エジルがいろいろな場面に顔を出していたのに対して、
ラムジー、イウォビは、うまく絡んで行けていない。
エジルがボールもったときにこの2人が動かないと
いけないはずなのに、そこまでの動きは見られず残念。

f:id:tsuda929:20180201130342p:plain

 

ウィルシャーがいたらもっとボール触ってるだろうし、
ラムジーとの差を感じずにはいられなかった
ラムジーは違いを生み出すことはできるからベンチにるほうが
期待できるんだよねー。

サンチェス離脱、ムヒタリアン加入で
期待が大きかっただけに、残念な結果。Embed from Getty Images

そして、ジルー・・・
(この試合のタイミングでは決まってたんだろうね)Embed from Getty Images

 

 

 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ