アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて19年。2015-16シーズンもアーセナル視点で綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて21年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16シーズンに続き、2016-17シーズンもアーセナル視点で綴ります。


プレミアリーグを中心に戦評します。 チャンピオンリーグ・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【EFLEL決勝T1回戦1stレグ アーセナル VS エステルスンドFK】 怪我人多発も最初の20分で圧倒し3発快勝

 ■結果・スタッツ アーセナル(A) 3-0 エステルスンドFK

【EFL】 2018/2/15(木)
アーセナル(A) 3-0 エステルスンドFK


【得点】
13’ 1 - 0 モンレアル
24’ 2 - 0 O.G
58’ 3 - 0 エジル

 

オーバメヤンが起用できないEL、FWウェルベックで挑む

f:id:tsuda929:20180216124704p:plain


前節から5枚交代
OUT:オーバメヤンウィルシャー、ジャカ、コシェルニー、チェフ
IN:ウェルベック、エルネニー、ナイルズ、チェンバース、オスピナ

オーバメヤンはELの規定でEL出場できず
ラカゼット、ウィルシャー、コシェルニー、チェフは怪我もあってお休み
ジャカは休息を与えられた。

チェンバースをCBで、ナイルズをボランチで起用。

ムヒタリアンは、「7」をサンチェスが使っていた関係で
使えなかったので「77」で出場。Embed from Getty Images

【スタッツ】

f:id:tsuda929:20180216124740p:plain

 

■戦評:集中力を欠いたミスも有ったが、3発快勝

 アウェイで3点取って勝ってるから結果としては悪くないどころか
すこぶる良いわけだが、内容はそこまで良かったわけではない。

攻撃に関しは、エルネニー、エジルがボールをいっぱい触って
リズムを出していたが、プレスが厳しくなるとロストすることも多くなっていた。
とくにあっさり2点取ってからは、安心して集中力を欠いたのか
単純なボールロストを何度も起こしていた。

特に、ムスタフィ、チェンバース、ナイルズのミスがいただけない。
強豪相手だとそれを得点に結びつけてくることだろう。

シーズン序盤は左SBで存在感を示していたナイルズだったが、
本職のボランチでは結果を残せなかった。。。

守備に関しても組織的に守っていた感は少なく、
狙いを定めて、ボール奪うと言った戦術的な守備は出来ていなかった。

それでもアウェイで3得点したことで
次回の2ndレグがだいぶ楽になったことはいいことだ。

エジルムヒタリアンエジルでゴールを奪ったのは
今後のシーム作りとしてもいい傾向である。Embed from Getty Images

この2人の連携が今後のアーセナルを担っているのだから
連携がフィットしていくためには実践を摘むことが必要だ。

そういう意味でもオーバメヤンが出れないのは痛い。

 


さぁ、いざマンC2連戦だ!

 

 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ