アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて19年。2015-16シーズンもアーセナル視点で綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて22年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16、2016-17シーズンに続き、2018-19シーズンもアーセナル視点で綴ります。


プレミアリーグを中心に戦評します。 チャンピオンリーグ・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【EFLEL決勝T2回戦1stレグ アーセナル VS ミラン】 ミラン相手にアウェイ2得点完封で2回戦突破へ大きく前進

 ■結果・スタッツ アーセナル(A) 2-0 ミラン

【EFL】 2018/3/8(木)
アーセナル(A) 2-0 ミラン

【得点】
15’ 1 - 0 ムヒタリアン
45’ 2 - 0 ラムジー

■満身創痍の状態で生き残りをかけたミラン

f:id:tsuda929:20180312192437p:plain

29節から3枚交代
OUT:チェフ、イウォビ、オーバメヤン
IN:オスピナウェルベックラムジー

財政的に厳しいミランと成績不振すぎてアーセナルのクラブの生き残りをかけた戦い。
この2クラブがこんな状態である事が驚きではあるがこれが現実。
これで負けたら流石にヴェンゲルも辞任するだろう。そんな瀬戸際の闘い

オーバメヤンは規定により出場できず

【スタッツ】

f:id:tsuda929:20180312192453p:plain

 

■戦評:背水の陣でミランを圧倒しアウェイで2得点完封

とにかく勝った。
これで負けたらチーム崩壊必死な状態で、なんとか踏みとどまった。

後半はペースが落ちたが、前半はとにかく良かった。

15分に先制できたことでチームとしても落ち着いてプレーが出来た。
ミランの守備は結構ゆるくて、なんどもムヒタリアンがフリーでボールが持てる
その何度目かのチャンスでしっかき決めてくれた。

そして大きかったのは前半終了間際の、エジルラムジー
完璧なパスと完璧な飛び出しで、GK交わしてゴール

前半で2点リードしたことで後半ペースが落ちで
スタッツ的にはシュート数で上回られているが、
2点差あることで焦ることなく優位に試合を進められた。

ただ、12本シュート打たれてはいるものの、枠内は1本のみ
こちらは8本だが、枠内4本で、2得点。

ミランガットゥーゾ監督になってから息を吹き返していると聞いていたから
少し恐れていたけど、内容的には、中盤でのミスも多く、
攻撃もロングパスが多く、シュートもPA外からほとんどで
怖さという点ではあまりなかった。

ともかく公式戦4連敗でPLでの上位を望めない状態での
唯一の希望ヨロッパリーグミラン相手にアウェイで2得点は素晴らしい結果だ。

後半ペースが落ちたことで
完璧なリアクションではなかったが、自身を取り戻すには充分な結果だ。

まだ勝ち抜けたわけではないし、安心はできない。
来週のホームゲームでも気持ちを見せてほしい。

 

 

 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ