アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて19年。2015-16シーズンもアーセナル視点で綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて22年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16、2016-17シーズンに続き、2018-19シーズンもアーセナル視点で綴ります。


プレミアリーグを中心に戦評します。 チャンピオンリーグ・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【EFLEL決勝T2回戦2ndレグ アーセナル VS ミラン】 気持ちを魅せた!ミラン相手に2連勝でELベスト8進出

 ■結果・スタッツ アーセナル(H) 3-1 ミラン

【EFL】 2018/3/15(木)
アーセナル(H) 3-1 ミラン (2戦トータル5-1)


【得点】
35’ 0 - 1 チャルハノール
39’ 1 - 1 ウェルベック
71’ 2 - 1 ジャカ
86’ 3 - 1 ウェルベック

■EL優先でフルメンバー

f:id:tsuda929:20180319200612p:plain



30節から7枚交代
OUT:チェフ、イウォビ、オーバメヤン、コラシナツ、
 エルネニー、ホールディング、ナイルズ、
IN:オスピナウェルベックラムジーウィルシャー
 モンレアル、コシェルニー、ベジェリン

ミランとの1stレグからは
サイドバックの2枚が交代

【スタッツ】

f:id:tsuda929:20180319200624p:plain

■戦評:初戦のアドバンテージを活かしつつ中盤がうまく機能して快勝


前半35分に先制を許したときは嫌な空気が流れたが
ウェルベックのPKでいや流れを変えることが出来た。
そのPKが、疑惑のPKと言われてしまっているが、
このPKに救われたことは事実だ。

それでも、内容としてはパスもよく回っていたし、
前への推進力もあった。

ジャカのミドルはGKのミスとは言え、良い弾道で飛んでいたし、
3点目も最後まで前に攻めた結果だ。

この試合でよかったのは、ジャカとラムジー
ラムジーはいつもよりボールタッチが多く、パスも多く
ジャカと2人で中盤を流動させていた。
そしてシュートこそ入らなかったものの、決定的な場面を演出していた。

守備としては、まだまだ寄せがあまいし、シュート打たれすぎだが、
相手にある流れをしのいで、きっちり得点したことは素晴らしい。

そして、68分から途中出場のエルネニー
なれない右サイドでの起用だったが、前線からボールを追い回し、
相手に簡単にパス回しをさせなかったことで、
相手の勢いを削ぐことに成功していたし、
3点目もゴールもエルネニーのパスからだった。

2得点のウェルベックも評価はできるが、
動きとしてはまだまだ…


守備にはまだまだ課題があるが、
前への気持ちと攻撃のバリエーションで相手を上回っていた。

この流れでEL制覇を。 やるしかない!

 

 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ