アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて19年。2015-16シーズンもアーセナル視点で綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて22年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16、2016-17シーズンに続き、2018-19シーズンもアーセナル視点で綴ります。


プレミアリーグを中心に戦評します。 チャンピオンリーグ・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【プレミアリーグ第32節 アーセナル VS ストーク・シティ】 オーバメヤン2発、ラカゼット復帰弾で快勝

 ■結果・スタッツ アーセナル(H) 3-0 ストーク・シティ

プレミアリーグ】 2018/3/31(土)
アーセナル(H) 3-0 ストーク・シティ


【得点】
75’ 1 - 0 オーバメヤン
86’ 2 - 0 オーバメヤン
89’ 3 - 0 ラカゼット

■EL準々決勝を控え、3名入れ替え

f:id:tsuda929:20180404085414p:plain

EL2ndレグからは3枚交代
OUT:ムヒタリアン、ジャカ、コシェルニー
IN:オーバメヤン、エルネニー、チェンバース

EL準々決勝CSKA戦を控えて、
ムヒタリアン、ジャカ、コシェルニーはベンチスタート
チェフは怪我でベンチ外
ラカゼットが怪我から復帰でベンチ入り

【スタッツ】

f:id:tsuda929:20180404085427p:plain

 

■戦評:前半凡戦、後半躍動で3発快勝

前半は凡戦演じるも、
後半にエンジン掛かって結果は3-0勝利

まずはエジルがドリブルで仕掛けて後ろから足出されPK
それをオーバメヤンが冷静に決めて先制

次はエジルのCKからモンレアルすらして、オーバメヤンがボレー弾

仕上げはラカゼットが押し倒されてPK獲得
ハットトリックの可能性があったオーバメヤンではなく、
ラカゼットが自らゴール。

いずれも流れからのゴールではなかったが、
61分にラカゼットが投入されてから連動性があがり、
得点の匂いは満ちていた。

EL最優先とは言え、ここからのプレミアリーグの闘いも
来季に向けて考えると重要で、
ラカゼットとオーバメヤンの同時起用の可能性を感じる試合となった

この試合のパス数は、

f:id:tsuda929:20180404085452p:plain



チェンバース、ムスタフィについで
エルネニー、ラムジーとパス数が多かった。
(エルネニーは75分で交代)
前線からのプレにも慌てずにボールを回せた結果だろう。
そして、ラムジーとエルネニーのパス交換が多くなれば、
ボールはよく回り、それにエジル不定期に降りてきて
ボールに触れていくと連動性が増し、決定機を演出できる

問題はこのエルネニーがジャカに代わったときに
ラムジー、ジャカのパス数がどこまで伸びるか?!
動き回ってパスルートを作るエルネニーの動きは
ジャカにはないので、そのあたりをどう補うかが
今後のポイントになるだろう

さぁ、最優先のEL準々決勝だ!

 

 

 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ