アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて19年。2015-16シーズンもアーセナル視点で綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて22年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16、2016-17シーズンに続き、2018-19シーズンもアーセナル視点で綴ります。


プレミアリーグを中心に戦評します。 チャンピオンリーグ・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【プレミアリーグ第35節 アーセナル VS ウェストハム・ユナイテッド】 ヴェンゲル退任発表後最初の試合で4発快勝!

 ■結果・スタッツ アーセナル(H) 4-1 ウェストハム・ユナイテッド

プレミアリーグ】 2018/4/22(日)
アーセナル(H) 4-1 ウェストハム・ユナイテッド

【得点】
51’ 1 - 0 モンレアル
64’ 1 - 1 Arnautovic
82’ 2 - 1 ラムジー
85’ 3 - 1 ラカゼット
89’ 4 - 1 ラカゼット

 

ラムジー・ジャカ・エルネニー並べて4-3-3

f:id:tsuda929:20180424191345p:plain



前節から5名交代
OUT:オーバメヤン、ウィロック、チェンバース、ホールディング、チェフ
IN:ウェルベックラムジー、コシェルニー、ベジェリン、オスピナ

4-2-3-1ではなく、4-3-3
エジルはベンチ外(風邪?!) オーバメヤンがベンチスタート

【スタッツ】

f:id:tsuda929:20180424191407p:plain

 

■戦評:一次は同点にされるも終わってみれば4発快勝

ヴェンゲル退任発表を受けての最初の試合
久々に満員になったスタジアムで
選手たちのリアクションが試された

が、引いて守るウエストハム相手に前半はボールは保持すれど、
創造性が足りずに、決定機を作れないまま時間だけが過ぎていく

それならばとCKからモンレアルが豪快ボレー弾を決めて先制
これでイケルと思ったらエルネニーが怪我で交代
ネイトランド・ナイルズが代わりに入った
するとこのナイルズくんが、ボールロストを連発して
リズムを悪化させて、64分に同点にされてしまう。
やはりナイルズのボランチ起用は、ボールロスト率からも厳しい。

嫌な空気が流れ始めたが、この男が流れを変えた
70分にイウォビに変わってオーバメヤンが入ると、
ウエストハムの中盤がスカスカになったことも手伝って
攻撃にリズムが生まれて、前への推進力がでてきた

そして82分にラムジーのクロスをDFの判断ミスで誘って
そのままゴール!
これで相手の集中力は一気に切れて、
82分、89分とラカゼットが、連発
終わってみれば、4-1で快勝

ヴェンゲル率いるアーセナルでのPLラスト5試合
その初戦を、しっかり勝利で飾った
ラスト4試合、、、最後の4試合を胸に刻みます。

っと、その前に、
ヨーロッパリーグ、準決勝1stレグ、
VSディエゴ・コスタ!じゃなくて、アトレチコ・マドリッド

さぁ、ガナーズよ!
ここでやらなきゃ、どこでやる!ヴェンゲルへの気持ちをぶつけてくれ!!

 

 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ