アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて19年。2015-16シーズンもアーセナル視点で綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて22年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16、2016-17シーズンに続き、2018-19シーズンもアーセナル視点で綴ります。


プレミアリーグを中心に戦評します。 チャンピオンリーグ・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【EFL ElL準決勝1stレグ アーセナル VS アトレチコ・マドリッド】 数的有利活かせず無念のドロー&アウェイゴール献上

 ■結果・スタッツ アーセナル(H) 1-1 アトレチコ・マドリッド


【EFL】 2018/4/26(木)
アーセナル(H) 1-1 アトレチコ・マドリッド


【得点】
61’ 1 - 0 ラカゼット
80’ 1 - 1 グリーズマン

 


ウィルシャー復帰で4-3-3

f:id:tsuda929:20180427210115p:plain


4.22のウエストハム戦から1枚交代
OUT:イウォビ
IN:エジル

引き続き4-2-3-1ではなく、4-3-3
ウィルシャーはなんとか間に合ってスタメン復帰

【スタッツ】

f:id:tsuda929:20180427210130p:plain

 

■戦評:攻め続けるも数的有利を活かせずカウンター1本でドロー

ヴェゲル曰く「考え得る中で最悪の結果」
この言葉が示すとおり、有利な状況を活かせずと言う結果

開始わずか10分で退場者を出し、
一人少ない状況に陥ったアトレチコ
さらに監督シメオネまで退席処分

この状況で好機を再三演出するも
最後のところが決まらない、決めきれない

それでも前半はアトレチコも前線からプレスを掛け、
何度か決定機を作られてしまっていた。
が、後半は1人少ないせいか運動量が落ち、
ほとんどアーセナルボールという
ハーフコートマッチになっていた。

そしてようやく61分に
ウィルシャーのクロスをラカゼットが決めて先制
その後も追加点を奪うべく、攻め続けたが、
カウンター1本で、グリーズマンと競ったコシェルニーのクリアが
グリーズマンにあたって、目の前にこぼれ、
ムスタフィが少し足を滑らせたおかげで、
ディフェンスが間に合わず失点。
ツイてないと言えばそれまでだが、
この状況で、1対1の状況を作らせる必要があったのは疑問
正直前線は人が余っていて、
もうひとりディフェンシブにしてればと思いたくなる
(エルネニーがいれば・・・)

攻撃に関しては悪くなかったし、
決定機も作っていたが、決めきれなかった。決定力の差。
そして、攻撃のオプションの差がでた。(ジルーがいれば…)


この試合のパス数はこちら
如何に支配していたのかが分かる

f:id:tsuda929:20180427210246p:plain


ただ、負けたわけではないので、
アウェイで勝てば良いのだ!
今やらずにいつやる?!来週だ!

 

 

 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ