アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて19年。2015-16シーズンもアーセナル視点で綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて22年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16、2016-17シーズンに続き、2018-19シーズンもアーセナル視点で綴ります。


プレミアリーグを中心に戦評します。 チャンピオンリーグ・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【プレミアリーグ第5節 アーセナル VS ニューカッスル・ユナイテッド】 トレイラ効果とジャカのFKとエジルのゴールへのパスで3連勝

 

 ■結果・スタッツ アーセナル(A) 2-1 ニューカッスル・ユナイテッド

プレミアリーグ】 9/15(土)
アーセナル(A) 2-1 ニューカッスル・ユナイテッド


【得点】
49’ 1 - 0 ジャカ
58’ 2 - 0 エジル
91’ 2 - 1 クラーク

■前節からメンバー変更なし

f:id:tsuda929:20180919210320p:plain

 

前節から変更はなし。
代表ウィーク明けで多少のメンバー変更も予想されたが、
トレイラ、レノは相変わらずベンチスタート


【スタッツ】

f:id:tsuda929:20180919210340p:plain

 

■戦評:前半低調もトレイラ入ってバランス取れて活性化し快勝


前半は低調な展開も、
後半トレイラ入って、バランス良くなって、
13分のジャカのゴールで先制後もチャンス創出し、
エジルの今期初ゴールで追加点
終盤いつもの不安定さを出して失点したものの
最終的には、被シュート4本に抑えて快勝。

M.O.Mは、エジル
DF3枚とGKの逆を突いたゴールへのパスは実にエジルらしい。

《悪かった点》
終盤のファーサイドへのクロスへの対応(フリーにしすぎ)
GKからのビルドアップ(相変わらず狙われている)
枠に飛ばないシュート(枠内2本だけ)
サイドバックサイドハーフの連携があまり見られない
サイトハーフに回ってもオーバメヤンのタッチ数が増えない

《良かった点》
トレイラが入った後のバランスの良さ
(守備の貢献以上に縦への攻撃へのスイッチも入る)
ジャカの展開力が光る(パス103本と起点に)
ラムジーがボールを触れば触るだけリズムが生まれる(パス55本)


これで2連敗からの3連勝
ミッドウィークにはELも始まって、
ベンチ組のアピールが始まる!

 

 

 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ