アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて19年。2015-16シーズンもアーセナル視点で綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて22年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16、2016-17シーズンに続き、2018-19シーズンもアーセナル視点で綴ります。


プレミアリーグを中心に戦評します。 チャンピオンリーグ・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【EL ELグループE第2試合 アーセナル VS カラバフ】 内容悪くても初ゴール祭りで3-0快勝

 ■結果・スタッツ アーセナル(A) 3-0 カラバフ

【EL】 2018/10/4(木)
アーセナル(A) 3-0 カラバフ

【得点】
4’ 1 - 0 ソクラティス
53’ 2 - 0 スミス・ロウ
79’ 3 - 0 グエンドウジ

■いきなりの3バック採用

f:id:tsuda929:20181009002729p:plain


前節PL7節から9枚交代
連戦はモンレアルソクラテスの2枚
そしてぶっつけ本番な3バック。
このあたりがエメリの本領なのか?!

後半からはトレイラ投入で
4-3-3に変更

【スタッツ】

f:id:tsuda929:20181009002740p:plain


■戦評:内容悪く決定機作られるも好機決めきって快勝


あっさりCKから先制するもペース握られる展開
前線からのプレスにボールが繋がらずボールをロスト
決定機何度も作られたが、決定力の差で追加点を挙げて
終わってみれば3-0快勝

スミス・ロウ、グエンドウジは揃ってキャリア初ゴール
ソクラテスも移籍後初ゴール

M.O.Mは、レノ

《悪かった点》
・ハイプレスにボールをロストしすぎ
・シュート打たせすぎ(至近距離で何度も打たせていた)
・3バックはあまり機能せず
・エルネニーとグエンドウジのボランチコンビと前線とのコンビネーション


《良かった点》
・コラシナツの復帰(WGの位置で体を活かした前へのプレー健在)
・若手有望株スミス・ロウの期待感

結果は快勝だたが、内容はイマイチ
レノに助けられた1戦となった。

 

 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ