アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて22年。今シーズンもガナーズ視点で綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて22年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16、2016-17シーズンに続き、2018-19シーズンもアーセナル視点で綴ります。


プレミアリーグを中心に戦評します。 チャンピオンリーグ・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【EL ELグループE第3試合 アーセナル VS スポルティングCP】 苦しい試合展開も終盤ウェルベック弾で3連勝

 ■結果・スタッツ アーセナル(A) 1-0 スポルティングCP

【EL】 2018/10/25(木)
アーセナル(A) 1-0 スポルティングCP

【得点】
77’ 1 - 0 ウェルベック

■前節から6枚交代。ジャカ左SB起用

f:id:tsuda929:20181027230003p:plain


10.22のPL第9節から6枚交代
OUT:エジル、ラカゼット、イウォビ、トレイラ、ムスタフィ、ベジェリン
IN:オーバメヤンウェルベックラムジー、エルネニー、グエンドウジ、ソクラテス

第9節の後半に試したジャカを左サイドに起用

 【スタッツ】

f:id:tsuda929:20181027230023p:plain

 



■戦評:苦しい試合展開も終盤ウェルベック弾で勝利

苦しい試合をウェルベック弾でものにした。
スタッツ見ても被シュート15本。
ロングシュートが多くて、枠内0なんで失点の心配は少なかったけど
リズムが掴めずいやな流れだった。


M.O.Mは、ウェルベック
そんな嫌な展開を打開したのがウェルベック

《悪かった点》
・ハイプレスにパスが繋がらずにボールロスト
・グエンドウジとエルネニーのコンビがイマイチ
・本職の右SBのリヒトシュタイナーが機能せず(連戦の疲れか?!)


《良かった点》
・とにかく勝ったこと!

 

これで残り若手にもチャンスを与えつつ、試合をこなせる。

 

 

 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ