アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて20数年のガナーズが今シーズンを綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて20数年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16、2016-17、2018-19、2019-20シーズンに続き、
2020-21シーズンもアーセナル視点で綴ります。

プレミアリーグを中心に戦評します。 CL・EL・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【カラバオ杯 カラバオ杯4回戦 アーセナル VS ブラックプール】 チェフ復帰、グエンドウジ1A&退場でも快勝

 

■結果・スタッツ アーセナル(A) 2-1 ブラックプール



カラバオ杯】 2018/10/31(水)
アーセナル(A) 2-1 ブラックプール


【得点】
33’ 0 - 1 リヒトシュタイナー
50’ 0 - 2 スミスロウ
66’ 1 - 2 O'Connor

■ローテーションでカラバオカップ

f:id:tsuda929:20181102224011p:plain


PL前節から9枚替え
若手枠からスミスロウ、ナイルズ、プレゲズエロが起用
ジェンキンソンを左SBでスタメン起用
チェフの復帰


■戦評:楽勝ムードも退場でヒヤッとしたが危なげなく勝利



解消かと思いきやグエンドウジの退場で
ヒヤッとしたものの危なげなく勝利。


M.O.Mは、グエン…じゃなくて、ジェンキンソン
先制アシストのグエンドウジとしたかったが、退場したら流石に…
ということで、追加点アシスト(にはなってないけど)のジェンキンソンかな。

《悪かった点》
・グエンドウジの退場
・チェフの足技の不安定さ
・ナイルズが軽さ


《良かった点》
・左SBジェンキンソンの攻撃参加
・グエンドウジのうらへのスルーパス

 

そして、準々決勝の相手はトッテナムに!

ノースロンドンダービーで鶏退治だな。

 

 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ