アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて22年。今シーズンもガナーズ視点で綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて22年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16、2016-17シーズンに続き、2018-19シーズンもアーセナル視点で綴ります。


プレミアリーグを中心に戦評します。 チャンピオンリーグ・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【プレミアリーグ第14節 アーセナル VS トテナム・ホットスパー】 ノースロンドンダービーは、熱き思いのが大結集。オーバメヤン・ラカゼット・トレイラ弾で逆転勝利!

 

■結果・スタッツ アーセナル(H) 4-2 トテナム・ホットスパー


プレミアリーグ】 2018/12/2(日)
アーセナル(H) 4-2 トテナム・ホットスパー

【得点】
10’ 1 - 0 オーバメヤン
30’ 1 - 1 ダイアー
34’ 1 - 2 ケイン
56’ 2 - 2 オーバメヤン
74’ 3 - 2 ラカゼット
77’ 4 - 2 トレイラ

■3-4-3 → 3-4-1-2 → 4-3-1-2

f:id:tsuda929:20181203184706p:plain

 

 
前節ボーンマス戦と同じメンバー
大事な一戦にエジルは背中の怪我?!でベンチ外。
トッテナムとの大事なロンドンダービーで前節試したばかりの
3バックを採用。

布陣は時間とともに変化し、
前半は、3-4-3 から
後半は、3-4-1-2

f:id:tsuda929:20181203184725p:plain



終盤は、4-3-1-2

f:id:tsuda929:20181203184735p:plain



【スタッツ】

f:id:tsuda929:20181203184747p:plain

 

■戦評:激しいプレスで終始圧力かけて、かけ続けて、逆転勝利!


魂をぶつけ合ったノースロンドンダービー
見事な逆転で勝利っ!鶏退治成功!
試合開始から熱く激しくぶつかりあった両チーム
お互いの良さをぶつけ合う戦いで少しのミスも許されない展開
途中、揉め事も合ってかなりピリピリした90分となった
そんな中で多くの時間ゲームを試合していたこと、
トッテナムにゲームを作らせずにカウンターのみに押しやったことは素晴らしかった。

エメリの采配大当たり!
間違いなく今シーズン1の試合。

M.O.Mは、オーバメヤン
2ゴール、1アシスト、シュート4本、タッチ数43、
ボーンマス戦でタッチ数34だったことを考えると
如何にボールに絡んだかが分かるEmbed from Getty Images Embed from Getty Images
流行りオーバメヤンは中央でプレーしていると素晴らしい
サイドだとどうしても窮屈さを感じてします。

《悪かった点》
・WBとCBの間のスペース(特にベジェリンとムスタフィの間)を狙われた

《良かった点》
・熱さ!とにかくみんな熱かった!
(チーム全体の熱量、エメリはモチベーターなんだろうね。)
オーバメヤンのボールタッチ数とシュートへの展開 Embed from Getty Images
・コラシナツの縦への推進力 Embed from Getty Images
逆サイドへの展開力
 この試合とにかくサイドから攻め込んで、途中で大きく逆サイドへ展開して縦に行く
 これをひたすら繰り返し、効いていた。
 おそらく3バック採用で中央少ないから狙ってやっていたのだろう。
・ムスタフィの攻撃的な守備(インターセプト何度も決めていた)

そして、

ラカゼットとオーバメヤンの2TOP
 待ちに待った形!オーバメヤンも活きていたし、ラカゼットとの関係も悪くなかった
 終盤、4バックにして中盤をダイヤモンド型にした形が最もハマった気がするEmbed from Getty Images

トレイラの移籍後初ゴール
 ここのところ得点の匂いがしていたトレイラ。中盤を3枚にしたことでより前に向かって見事なゴール
 待望のゴールで、イエロー覚悟のユニホーム脱ぎも許してあげよう。

Embed from Getty Images

 


さぁ、12/5のマンU戦が大事だ!

 

※この試合、背中の負傷でエジルが不在、、、
いろいろ報道されるんだろうね。
それを払拭する活躍を12/5に期待する!

 

 

 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ