アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて22年。今シーズンもガナーズ視点で綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて22年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16、2016-17シーズンに続き、2018-19シーズンもアーセナル視点で綴ります。


プレミアリーグを中心に戦評します。 チャンピオンリーグ・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【カラバオ杯 カラバオ杯5回戦 アーセナル VS トッテナム】 ゴールキックからの2失点でカップ戦敗退

 ■結果・スタッツ アーセナル(H) 0-2 トッテナム

カラバオ杯】 2018/12/19(水)
アーセナル(H) 0-2 トッテナム

【得点】
20’ 0 - 1 ソン・フンミン
59’ 0 - 2 デリ・アリ

 

 

■再びジャカCBでノースロンドンダービー

f:id:tsuda929:20181226193752p:plain


PL27節から4枚交代
OUT:レノ、ベジェリン、コシェルニー、リヒトシュタイナー
IN:チェフ、ラムジー、ナイルズ、ソクラテス

この日もジャカをCBで使わざるを得ない苦しいCB事情
トップ下にはラムジーを起用

後半からムヒタリアン→コシェルニーで、
3バックにシステム変更

【スタッツ】

f:id:tsuda929:20181226193814p:plain

 

 

■戦評:ゴールキックからの2失点で完敗

完敗である。
ボールを保持はしているもののスパーズのカウンター待ちの展開で、
GKからのボールで2失点。CBジャカでは厳しかった。
開始12分のムヒタリアンのGKとの1対1をしっかり決めていれば…
これはもうCB怪我人続出の時期が悪かったとしか。

M.O.Mは、イウォビ
唯一ドリブルでチャンスメイクをしていた。

《悪かった点》
・CBの守備
ゴールキックからの2失点はいただけない)
・後半3バックにしてからの中央の攻撃の薄さ
サイドハーフとしてのモンレアルの動き
・ナイルズのボールロスト

《良かった点》
・前半のラムジーのチャンスメイク

もうジャカのCBは見たくない。
ジャカの良さも消えて、脆さしか見えない。

 

 

 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ