アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて22年。今シーズンもガナーズ視点で綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて22年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16、2016-17シーズンに続き、2018-19シーズンもアーセナル視点で綴ります。


プレミアリーグを中心に戦評します。 チャンピオンリーグ・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【プレミアリーグ第18節 アーセナル VS バーンリーFC】 エジル復活の予感&オーバメヤン2発で快勝

 ■結果・スタッツ アーセナル(H) 3-1 バーンリーFC


プレミアリーグ】 2018/12/23(日)
アーセナル(H) 3-1 バーンリーFC

【得点】
14’ 1 - 0 オーバメヤン
48’ 2 - 0 オーバメヤン
63’ 2 - 1 バーンズ
91’ 3 - 1 イウォビ

■おかえりエジルエジルPL6試合ぶりのスタメン復帰っ!

f:id:tsuda929:20181226200940p:plain



カラバオ5回戦のノースロンドンダービーから5枚交代
OUT:チェフ、ラムジームヒタリアン、イウォビ、トレイラ
IN:レノ、エジル、ラカゼット、コラシナツ、エルネニー

エジルがPLでは第12節ぶりのスタメン
エルネニーが今シーズンPL初スタメン
4-3-1-2という布陣

【スタッツ】

f:id:tsuda929:20181226200957p:plain

 

■戦評:お帰りエジルオーバメヤンの2発で快勝


不遇の時期を過ごしたエジルが帰ってきたっ!
パス50本、成功率94%の文句なしの結果
オーバメヤンとラカゼットの2トップもきっちり仕事しての快勝
前半のうちにモンレアルが退いて、
ジャカ・ソクラテスリヒトシュタイナーの3バックにして
不安しかなかったがきっちり勝利っ!

M.O.Mは、エジル
攻撃は申し分ないが、それよりもこの試合への意気込みが感じられた
特に守備の意識が高く、これまでのスペースを埋めるだけの動きから
ボール奪取の意識が高かった。

《悪かった点》
・3バックにしてからの連動性
・ジャカのCB起用での起点が下がること
・ナイルズのボールロストの多さ、軽さ
・エルネニーの空回り感(初スタメンで気合が空回ってしまっていた)


《良かった点》
エジル!1点目のコラシナツへのボールは芸術品。
 3点目のドリブルもキレがあった
オーバメヤンとラカゼットの2トップ
オーバメヤンが左ウィングに入るよりも2トップのほうが連動性がありチャンスメイクできている)
オーバメヤンの決定力
さすがの得点力はエースの証。これでまたPL得点ランキング1位に。


エジルを復活させたエメリ監督はさすが。
起用法に不満はあっただろうが、しっかりと守備の意識を高く戻ってこさせ
これだけのプレーを見せてくれれば、やはりエジルは欠かせなくなる。
エメリとエジルが何を話したのかはわからないが、これでうまくいく気がする。
やっぱりエジルが活躍してくれている試合を見るのが好きだっ!

 

 

 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ