アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて22年。今シーズンもガナーズ視点で綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて22年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16、2016-17シーズンに続き、2018-19シーズンもアーセナル視点で綴ります。


プレミアリーグを中心に戦評します。 チャンピオンリーグ・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【プレミアリーグ第21節 アーセナル VS フラム】 リヴァプール戦の5失点の大敗を払拭する4発快勝!

 

 ■結果・スタッツ アーセナル(H) 4-1 フラム

プレミアリーグ】 1/1(火)
アーセナル(H) 4-1 フラム

【得点】
25’ 1 - 0 ジャカ
55’ 2 - 0 ラカゼット
69’ 2 - 1 カマラ
79’ 3 - 1 ラムジー
83’ 4 - 1 オーバメヤン

 

■久々本職CB3名による3バック

f:id:tsuda929:20190105221254p:plain

前節から3枚交代
OUT:ラムジー、トレイラ、リヒトシュタイナー
IN:ラカゼット、グエンドウジ、コシェルニー
第17節ぶりの3バックは、ホールディングがけがで離脱以来初の本職CB3人で組んだ。

しかし、ムスタフィが前半で交代
後半は4バックに変更。

【スタッツ】

f:id:tsuda929:20190105221310p:plain

■戦評:攻撃で圧倒し、4発快勝

前半守備での不安定さも見せたが、徐々に攻撃で圧倒し、25分ジャカのゴールで先制。
後半に入って4バックに変更を余儀なくされたが、左サイドのコンビネーションが冴え、コラシナツが切り込んだ折り返しをラかゼットが決めて追加点。
その後1点かえさえれ嫌な空気になったものの、ラムジーオーバメヤンが決め手勝負有り。


M.O.Mは、コラシナツ
左サイドをイウォビとのコンビで再三好機を演出。
2点目のシーンはコラシナツの動きに、イウォビ、オーバメヤンが絡んでのもので相手を完全に崩した。


《悪かった点》
「前半のボランチの中央付近のスペースの埋め方」
…序盤は、CBとボランチの距離が空いてその広大なスペースを責められた。
 最初のピンチも、そのスペースを使われ、ソクラテスが食いついたところを抜け出されたもの。

「GKからの組立」
…以前からの課題であるGKからのビルドアップはまだまだ課題が多い。
結果としてボールを渡してしまっているケースも多く、戦術が不足している。

「右サイドの連携」
…ナイルズの連携はイマイチで、孤立感が半端ない。
ベジェリンがかけた場合の攻撃力には課題が残った。

《良かった点》
オーバメヤンへの繋ぎ」
…前節全くボールに関与できなかったオーバメヤンだが、この試合では、
ラカゼット、イウォビの2枚で上手く連携して、ボールを引き出し、オーバメヤンまでボールを届けていた。 ラかゼットの存在が大きい。
(シュート6本、タッチ数56)

「ジャカからの攻撃展開」
…パス数72本はチーム1位。やはりジャカがボランチの位置でボールをさばいている時は攻撃へのリズムが生まれている。
そしてラカゼットがいつときは縦パスも入りやすく、攻撃に厚みが出ている。
この日はさらにゴール前への飛び出しで得点も奪った!

 

さぁ、2019年幸先よく始動っ!

 

 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ