アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて20数年のガナーズが今シーズンを綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて20数年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16、2016-17、2018-19、2019-20シーズンに続き、
2020-21シーズンもアーセナル視点で綴ります。

プレミアリーグを中心に戦評します。 CL・EL・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【EL EL決勝T1回戦2nd アーセナル VS BATEボリソフ】 トップ下エジルでゲーム試合し3発快勝でELベスト16

 ■結果・スタッツ アーセナル(H) 3-0 BATEボリソフ

【EL】 2019/2/22(金)
アーセナル(H) 3-0 BATEボリソフ

【得点】
4’ 1 - 0 O.G.
39’ 2 - 0 ムスタフィ
60’ 3 - 0 ソクラテス

■久々の4-2-3-1でエジルトップ下起用

f:id:tsuda929:20190222215238p:plain

 1stレグから3枚交代
OUT:ラカゼット、ナイルズ、コラシナツ
IN:オーバメヤンリヒトシュタイナーエジル

4-2-3-1のトップ下にエジルが起用されたのは
12/13のELグループリーグのグラバグ・アグダム戦まで遡る
(この試合は1-0で勝利 エジルは1アシスト)

【スタッツ】

f:id:tsuda929:20190222215256p:plain

 

■戦評:1stレグのビハインドも、エジル効果で3発快勝

先週の1stレグでのまさかの敗戦で巻き返しが必須となったこの試合で、エメリはエジルをトップ下で起用した。
開始4分でO.G.で1点を奪ってタイに持ち込むと試合を完全に支配し、
エジル効果もてきめんで、エジルが絡んでチャンスメイクしていく。
結果としてはCKからの2発ムスタフィ、ソクラテスの2発だったが、創造性のある攻撃は展開できていた。
試合感覚が戻って、コンビネーションがあってくればもっと攻撃が活性化しそうだ。



M.O.Mは、ジャカ
パス105本、成功率88.6%の数字で攻撃を牽引した。

《悪かった点》
ムヒタリアンの正確性>
この日はだいぶ熱く激しいプレーをしていたのだが、シュートが枠に飛ばない。
シュート3本、枠内0 シュートが入っていればと思うシーンが多いだけに枠に飛ばしてほしい。

<D・スアレスの存在感>
これまで4試合に途中出場するも、違いを見せることは殆ど無い。
慣れていないとはいえ、何かを見せてくれないと…
これからの過密日程で先発のチャンスで見せてくれるか?!


《良かった点》
エジルが絡んだ攻撃>
まだ好調とは言い難いが、それでも何度も創造性ある展開でチャンスメイク。
パス83本、タッチ数89回とボールに絡んでいた。

<左サイドの守備>
4バックの左に入ったモンレアル
コラシナツと違って守備の意識が高いので、無駄にスペースを与えることはなかった。

ともあれELはここからが本番。
PLも中2日で試合が続く日程できついがここで勝ち点は落としたくない。

 

 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ