アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて22年。今シーズンもガナーズ視点で綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて22年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16、2016-17シーズンに続き、2018-19シーズンもアーセナル視点で綴ります。


プレミアリーグを中心に戦評します。 チャンピオンリーグ・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【プレミアリーグ第27節 アーセナル VS サウザンプトン】 スタメン6枚入れ替えも早々に2得点で快勝

 ■結果・スタッツ アーセナル(H) 2-0 サウザンプトン

プレミアリーグ】 2019/2/24(日)
アーセナル(H) 2-0 サウザンプトン

【得点】
6’ 1 - 0 ラカゼット
17’ 2 - 0 ムヒタリアン

■中2日の試合で6枚交代も4-2-3-1継続

f:id:tsuda929:20190225195628p:plain

 EL決勝T2ndから中2日ということで6枚交代
OUT:チェフ、コシェルニー、モンレアル、グエンドウジ、エジルオーバメヤン
IN:レノ、ソクラテス、コラシナツ、トレイラ、ラムジー、ラカゼット

【スタッツ】

f:id:tsuda929:20190225195655p:plain

 ■戦評:危なげなく2発快勝。

久々に安心して観れる試合だった。
開始5分にピンチを招いたが、そこをレノが防いだ直後に左サイドからイウォビ→ムヒタリアン→ラカゼットであっさり先制。
17分には相手のミスからイウォビ→ムヒタリアンで追加点。
あとは中2日ということもありペースを落として、試合を締めた。
もう1点取れそうで、取れたらもっと楽になったけど、それでも楽にゲームをコントロールできた。


M.O.Mは、イウォビ
左サイドの崩しは見事。コラシナツ、ラムジーと絡んで好機を演出した。
流石に最後は足攣って交代したけど、存在感抜群だった。


《悪かった点》
リヒトシュタイナーの連携>
相変わらず右サイドはうまくいかない。この日もムヒタリアンとの連携が良くなく、攻撃を活性化できなかった。
後半開始早々には、スピードで狙われ、何度かスピード負けしてた。

<レノと中盤のつなぎ>
これは今に始まったことではないが、GKレノからつなぐときにバタバタする。
レノからボランチへのつなぎが余裕が無いために、そこからボールが繋がらずピンチを招く。TOP4を狙うなら改善が必要だ。


《良かった点》
<左サイドからの攻撃>
ここは相変わらずいい感じ。イウォビを中心にコラシナツ、ラムジーで幾度となくチャンスメイクしていた。

エジルの創造性>
この日は後半10分からの出場だったが、エジルのワンタッチの創造性あるプレーはやはり効果的。
攻めあぐねる相手への場合、この創造性が生きるだろう。やはりエジルは必要なピースである。


ここからまた中2日でボーンマス戦。
今日スタメンをはずれたエジルオーバメヤン、グエンドウジあたりに期待っ。

 

 

 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ