アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて22年。今シーズンもガナーズ視点で綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて22年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16、2016-17シーズンに続き、2018-19シーズンもアーセナル視点で綴ります。


プレミアリーグを中心に戦評します。 チャンピオンリーグ・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【プレミアリーグ第28節 アーセナル VS AFCボーンマウス】 過密日程もエジル躍動で5人5ゴールの快勝

 

 ■結果・スタッツ アーセナル(H) 5-1 AFCボーンマウス


プレミアリーグ】 2019/2/27(水)
アーセナル(H) 5-1 AFCボーンマウス


【得点】
4’ 1 - 0 エジル
27’ 2 - 0 ムヒタリアン
30’ 2 - 1 ムーセ
47’ 3 - 1 コシェルニー
59’ 4 - 1 オーバメヤン
78’ 5 - 1 ラカゼット

 

■4-2-3-1ではなく3-4-3を採用

f:id:tsuda929:20190302192526p:plain


2試合流れの良かった4-2-3-1ではなく、3-4-3を採用。
このフォーメーションは26節ハダースフィールド戦で採用して、内容がかなり乏しかったもの。

OUT:ラカゼット、イウォビ、ラムジー、ジャカ、リヒトシュタイナー、ムスタフィ
IN:オーバメヤンエジル、グエンドウジ、ジェンキンソン、コシェルニー

中2日の前節から6枚交代。
右サイドにジェンキンソンがPLでは今シーズンはじめ適用された。

【スタッツ】

f:id:tsuda929:20190302192547p:plain



■戦評:エジルを中心に攻撃を組み立て、5人で5ゴールで快勝

3-4-3はあまり印象の良いフォーメーションではなかったが、
開始早々4分にエジルのゴールで先制するとムヒタリアンが続き
レノ→グエンドウジが狙われ知ってするも、追加点を上げ盤石の快勝。

M.O.Mは、エジル
1A1Gで文句なし。2A1Gのムヒタリアンも捨てがたかったが、
パス66本、成功率驚異の97%でフルタイム出場のエジルをM.O.Mに。

《悪かった点》
<GKからのつなぎからのボールロストで失点>
課題のGKからのつなぎで、レノからグエンドウジに渡ったところを寄せられロスト。失点につながった。
グエンドウジがワンタッチでいなせなかったことが問題だが、サイドバックとの連携がまだまだ確立されていない。課題は続く。

<気持ちが空回りしたジェンキンソン>
右サイドでスタメンのジェンキンソンだったが、持ち前の縦への飛び出しもそれほど効果的にはできず、数回トラップミスも有りリヒトシュタイナーに引導を渡すことはできなかった。


《良かった点》
エジルを中心とした攻撃>
はやりエジルが入ると攻撃が活性化する。
3-4-3でボランチと距離感が、2試合前とはことなっていたが、降りてきてパス交換でいなしてからのチャンスメイクは効果的だった。
少し休めたトレイラもだいぶコンディションを上げてきた気がする。

ムヒタリアンのゴール>
ここのとろこ決定機を決めきれずにイたムヒタリアンがしっかり得点。
2アシストもあり、存在感を示した。59分に交代したことからも中2日の次節スパーズ戦もスタメンか?!

D・スアレスが未だ存在感を見せられないのが気がかりだが、
中2日でトッテナム戦。TOP4入へ大事な大事な大一番。
どのフォーメーション、スタメンでいくのかは読みづらいが、この大一番をしっかり勝って欲しい!

 

 

 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ