アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて22年。今シーズンもガナーズ視点で綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて22年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16、2016-17シーズンに続き、2018-19シーズンもアーセナル視点で綴ります。


プレミアリーグを中心に戦評します。 チャンピオンリーグ・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【プレミアリーグ第29節 アーセナル VS トテナム・ホットスパー】 TOP4入へのノースロンドンダービーは痛み分けドロー

■結果・スタッツ アーセナル(A) 1-1 トテナム・ホットスパー

プレミアリーグ】 3/2(土)
アーセナル(A) 1-1 トテナム・ホットスパー

【得点】
16’ 1 - 0 ラムジー
74’ 1 - 1 ケイン

■5枚交代で4-2-3-1

f:id:tsuda929:20190311152238p:plain

 

 中2日、前節から5枚交代
OUT:オーバメヤンエジル、トレイラ、ジェンキンソン、コラシナツ
IN:ラカゼット、ラムジー、ジャカ、ムスタフィ、イウォビ

右SBにムスタフィを起用。
前節途中から起用して無難にこなしたからの起用だろうが、不安しかない。

【スタッツ】

f:id:tsuda929:20190311152255p:plain

 

■戦評:ノースロンドンダービーはドロー

スパーズとのノースロンドンダービー
守備的な戦術で挑んで、カウンターからラムジーが先制弾。
その後のピンチもレノのセーブでしのいできたが、
FKからムスタフィのファウルでPK与えて失点。
おそらくオフサイドだったが、見落とされファウルを取られるというやや不運だった。
そして終了間際に得たPK。オーバメヤンが決めきれずにそのまま試合終了。
このPKもDFの動きが早かったが、そこは見落とされ、悔しいドロー。
勝てただけに勝ち点をおとした格好。

M.O.Mは、先制ゴールのラムジー


《悪かった点》
<トレイラの退場>
終了間際のあの退場はもったいなかった。これでおそらく3試合PL出れないのでEL中心になるかな。

《良かった点》
<レノのセーブ>
決定機を2度防いだ。PKはしょうがない。

しかし、あのPKはオフサイドだったし、オーバメヤンのPKは、ベルドンゲンのPA突入が早すぎだし、、、。

 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ