アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて22年。今シーズンもガナーズ視点で綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて22年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16、2016-17シーズンに続き、2018-19シーズンもアーセナル視点で綴ります。


プレミアリーグを中心に戦評します。 チャンピオンリーグ・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【EL EL決勝T2回戦1st アーセナル VS レンヌ】 ソクラテス退場で、まさかの3失点で1st敗戦

 ■結果・スタッツ アーセナル(A) 1-3 レンヌ

【EL】 2019/3/7(木)
アーセナル(A) 1-3 レンヌ

【得点】
4’ 1 - 0 イウォビ
42’ 1 - 1 ブルジョー
65’ 1 - 2 O.G.
88’ 1 - 3 サール

■4-2-3-1でエジルトップ下

f:id:tsuda929:20190311154629p:plain

 

3/2スパーズ戦から4枚交代
OUT:ラカゼット、エジル、グエンドウジ、レノ
IN:オーバメヤンラムジー、トレイラ、チェフ

【スタッツ】

f:id:tsuda929:20190311154638p:plain

 

■戦評:ソクラテス退場でパニック起こし悲劇の逆転負け

悲劇としか言いようがない結末。
幸先よく先制したものの、前半のうちにソクラテスのイエロー2枚での退場したことで何もかも持っていかれた。
後半は防戦一方でせめてを欠き、最後に攻めたところをカウンターでさらに失点。

M.O.Mは、イウォビ
先制点はクロスがそのまま入った感じだろうが、動きも良かった。

《悪かった点》
ソクラテスの退場>
これが全て。しかも退場になったFKでゴール決められ同点にされたのがいたかった。
1点勝っていたあそこでのファイルは自重して欲しかった。
にしても、10人になってからのプランには疑問が残った。

<右SBムスタフィ>
無難にはこなしているもののやはり不安要素だ。
まずスピードで勝てないから、右サイドに追い詰められて、蹴り出さざるを得なくなるケースが多発。
さらにソクラテス退場で、ムヒタリアンが1列降りて右SBに。無難に越してはいたものの、守備的に行くならナイルズに替えてよかったのでは?!
疑問が残る采配だ。

 

《良かった点》

特になし…

 

 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ