アーセナルを追い続けて

アーセナルを追い続けて22年。今シーズンもガナーズ視点で綴ります。

アーセン・ベンゲルがアーセナルの監督に就任して以来、 アーセナルを追い続けて22年。
そんなアーセナルの2014-15、2015-16、2016-17シーズンに続き、2018-19シーズンもアーセナル視点で綴ります。


プレミアリーグを中心に戦評します。 チャンピオンリーグ・FA杯は可能な限り戦評します。
※フォーメーション(スタメン)は毎試合掲載します。

【プレミアリーグ第30節 アーセナル VS マンチェスター・ユナイテッド】 ELの敗戦を払拭する快勝でスールシャールのマンU撃破

 ■結果・スタッツ アーセナル(H) 2-0 マンチェスター・ユナイテッド

プレミアリーグ】 2019/3/10(日)
アーセナル(H) 2-0 マンチェスター・ユナイテッド

【得点】
12’ 1 - 0 ジャカ
69’ 2 - 0 オーバメヤン

ラムジーエジル同時起用で3-4-1-2

f:id:tsuda929:20190311161514p:plain

 

3/7のELから中2日の試合で5枚交代
OUT:ムヒタリアン、イウォビ、トレイラ、ムスタフィ、チェフ
IN:ラカゼット、ラムジー、コラシナツ、ナイルズ、レノ

ムヒタリアンは背中の怪我で欠場、トレイラは出場停止
ラムジーエジルの同時スタメンは実にPL7節以来
しかもラムジーボランチは、今シーズンPLでは初

【スタッツ】

f:id:tsuda929:20190311161529p:plain

 

■戦評:意地と意地のぶつかり合いはアーセナルに軍配

 お互いミッドウィークにCL・ELを戦っての対戦。
序盤ルカクの決定機をクロスバーが防いでくれると、ボール奪取からペースを握って、ジャカのブレ球ミドルが炸裂し先制。
その後はお互い速い攻撃でお互い決定機を作る展開で一進一退の状態が続く。
後半フォーメーションを少し変えたマンUにペースを握られるも、しのいでしのいで、、、
そしてラカゼットがPK獲得して、オーバメヤンが今度はしっかり決めて追加点。
その後のマンUの攻撃をしのぎきって快勝っ!

M.O.Mは、ジャカ
あのミドル弾は見事。やはり打てば何かが起きる。
そのほかにもボールを散らして攻撃を牽引した。
ちなみに次点はエジルとレノ

《悪かった点》
<後半序盤の守備>
マンUにペースを握られ、5バック気味に対応を迫られ、中盤にスペースを与えてしまっていた。3枚攻撃に残すという選択をしていた為だが、もう少しスペースを埋めておかないと、失点の恐れがあった。(ラムジーの運動量でカバー)


《良かった点》
エジルを起点に攻撃が機能していた>
お互い攻撃への意識が高く、早い攻撃を繰り返したが、エジルでタメを作れるから攻撃にリズムが出て、ゴールまでの推進力を生んでいた。

<ジャカ、ラムジーボランチ
昨年までの不安定なコンビは何処へやら。ジャカが散らして、ラムジーが変化をつけるコンビで、中盤は活性化した。
また守備でも中盤の空いたスペースをラムジーの運動量でカバーしていた。

<ネイトランドナイルズのスピード>
苦労していた右サイドパック。
ようやっとナイルズが帰ってきた。守備の軽さ、フェイトへの対応はまだまだ課題があるが、それをスピードでカバー。存在感を示した。

 


今節、トッテナムが負けて、チェルシーが引き分け
気がつけば、3位トッテナムとのも勝ち点差1の4位。
しかもこれでビッグ6との対戦は全て終了。行けるぞTOP3!

 

 

 ↓応援クリック

にほんブログ村 サッカーブログ アーセナルへ